NetflixがProduction IG&ボンズと包括的業務提携、オリジナル作品を制作 – CINRA.NET(シンラドットネット)

NetflixがアニメーションプロダクションのProduction IG、ボンズとアニメ―ション作品における包括的業務提携を結ぶことを発表した。

Production IG、ボンズはそれぞれNetflixとアニメエピソードを共同で制作し、世界190か国に配信する予定。制作する作品は後日発表される。

Production IG代表取締役社長の石川光久は、「日本発の高品質なコンテンツをNetflixを視聴する世界中の人々に届け、楽しんで頂くことができるのは、アニメに関わる制作者にとって非常に喜ばしいことです。言語問わず楽しんでいただけるようなコンテンツの制作に努めます」とコメント。

ボンズ代表取締役社長の南雅彦は、「世界中の視聴者に対して作品を発信できる今回の提携は、弊社のクリエーターにとって大きな意味があることだと感じています。今後Netflixと一緒に、国籍や年齢を問わず多くの人に感動を与え、末永く見続けてもらえる良い作品を制作していきたいと思います」。

Netflixのグローバルアニメの責任者、バイスプレジデントのロバート・ロイは、「日本のアニメは独自のビジュアルインパクトやストーリーの深さが世界中のアニメファンから定評があります。このたびI.G様およびbones様と提携させて頂くことで、アニメ作品のプロデュースから配信にまで携わらせて頂くことを大変嬉しく思います。Netflixが日本のアニメ文化の発展、また国や言語を超えるグローバルな配信に貢献できれば幸いです」と語っている。

なおNetflixでは湯浅政明監督の『DEVILMAN crybaby』をオリジナルアニメとして配信中。今後は『アグレッシブ烈子』『B: The Beginning』『A.I.C.O. Incarnation』『リラックマとカオルさん』といったオリジナルアニメの配信も準備されている。また『GODZILLA 怪獣惑星』『シドニアの騎士』『BLAME!』『亜人』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』といった作品もこれまでに配信しているほか、オリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』『僕だけがいない街』『デスノート』など日本の漫画をもとにしたコンテンツを展開している。

MN-166の進行型多発性硬化症を適応とするフェーズ2b臨床治験(SPRINT-MS)に関しての学会発表内容のお知らせ – minkabu PRESS

GET ADOBE READER

PDFファイルを表示したり印刷するには、ご使用のコンピュータに「Adobe Reader」が必要となります。 コンピュータにインストールされていない場合は無償配布の「Adobe Acrobat Reader」をダウンロードしてください。(リンクをクリックすると新しいウインドウが開きます)

富士フイルムが米ゼロックス買収 – BIGLOBEニュース

富士フイルムホールディングス(HD)は31日、子会社の富士ゼロックスと米事務機器大手ゼロックスを経営統合させたうえで買収すると発表した。富士フイルムHDは最終的に統合会社株の50・1%を保有する。富士ゼロックスは1962年に設立され、現在は富士フイルムHDが75%、米ゼロックスが25%をそれぞれ出資…

記事全文を読む

日本取引所の17年4~12月期、純利益が過去最高 – 日本経済新聞

 日本取引所グループが31日発表した2017年4~12月期の連結純利益(国際会計基準=IFRS)は前年同期比17%増の371億円に達し、13年の経営統合以降で最高となった。日本株高で売買代金が増え、取引関連収益が伸びた。日銀による継続的な上場投資信託(ETF)購入で残高が積み上がり、手数料収入も拡大した。18年3月期通期の予想純利益は従来計画を据え置いた。

31日の参院予算委の主な発言 – 日本経済新聞

■小川敏夫氏(民進、東京)

 【森友学園問題】

 小川氏 昭恵首相夫人を通じ、森友学園から「安倍晋三小学校」という校名にしたいと申し出を受けたのはいつか。

 安倍晋三首相 いつごろか覚えていないが、断った。朝日新聞は籠池泰典前理事長が「安倍晋三記念小学校」という校名で設置申請したと事実のように報道したが、実際は「開成小学校」だった。民進党は鬼の首を取ったように私を攻撃した。(籠池氏には)お目にかかったことも、話したこともない。この議論は国有地売却とは全く関係のない話だ。

 小川氏 証人、参考人として昭恵氏の出席を求める。

 【経済政策】

 小川氏 アベノミクスで国民生活が楽になったとの実感はない。

 首相 国民生活に最も大切な雇用は大きく改善し、全国津々浦々で確実に経済の好循環が生まれている。有効求人倍率が全ての都道府県で1倍を超えた。アベノミクスを通じて経済の好循環を加速させたい。

■浜野喜史氏(民進、比例)

 【働き方改革】

 浜野氏 使用者に比べ、労働者は立場が弱いとの前提で働き方改革を進めるべきだ。

 首相 働く人の立場から一人一人の事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する。働き方改革関連法案の具体的内容の検討を進めている。

 【温暖化対策】

 浜野氏 二酸化炭素の排出に課金する「カーボンプライシング(炭素価格付け)」を導入するか。

 中川雅治環境相 世界の多くの国で取り入れられている。環境省は有識者による検討会を設置した。政府として導入するとの結論を出しているわけではない。

 浜野氏 国民負担を見極めて再生可能エネルギー導入を進めるべきだ。

 首相 再生可能エネルギー導入を図ることは安倍内閣の一貫した方針だ。課題解決に向け政策を総動員する。

■森本真治氏(民進、広島)

 【線香配布問題】

 森本氏 自ら支援者に線香を持参したことはあるか。

 茂木敏充経済再生担当相 ない。

 森本氏 秘書が線香を配布した際、事務所の名刺を持参したか。

 経済再生相 個別の活動について私がその場に居合わせているわけではない。分からない。

 森本氏 「茂木氏の秘書」を名乗るよう指導しているか。

 経済再生相 一般的な社会常識に従い、さまざまな接触をしている。

 森本氏 秘書が茂木氏の秘書だと示せば公選法違反だ。

 経済再生相 公選法にのっとっている。

 【核廃絶】

 森本氏 世界中で核兵器廃絶を呼び掛ける「ヒバクシャ国際署名」に個人として署名すべきだ。

 首相 署名活動は核兵器禁止条約の締結を求めている。条約は核の抑止力自体を否定している。北朝鮮は「日本列島を日本海に沈める」と宣言している。核保有国が非核保有国を核の使用でどう喝したのは、事実上初めてだ。北朝鮮への抑止力を維持し、国民の命を守り抜く責任が私にはある。

 森本氏 トランプ米大統領に広島、長崎訪問を働き掛けるべきだ。

 首相 公の場でコメントするのは控える。核兵器のない世界の実現に向け、引き続き米国と緊密に意思疎通を行う。

■片山さつき氏(自民、比例)

 【日韓関係】

 片山氏 韓国の文在寅大統領に従軍慰安婦問題の日韓合意を動かさないと伝えるべきだ。

 首相 平昌五輪開会式に合わせ文氏と会談し、日韓合意を巡る日本政府の立場を直接明確に伝え、韓国側も誠実に履行するよう強く働き掛ける。合意を1ミリも動かすことはない。(朝鮮半島有事に備え)韓国内の邦人や(北朝鮮にいる)拉致被害者の安全確保へ協力を要請する。

 【環太平洋経済連携協定(TPP)】

 片山氏 トランプ米大統領にTPPへの復帰を働き掛けるべきだ。

 首相 自由で開かれた高いルールのTPPを日本と共にけん引していくべきだと働き掛けたい。

 【仮想通貨流出問題】

 片山氏 取引所から仮想通貨が流出した。

 黒田東彦日銀総裁 決済や金融は信頼に支えられている。仮想通貨関連サービスの提供者には積極的なリスクの説明や、セキュリティー対策が求められる。仮想通貨に投資する人々はリスクを認識する必要がある。

■宇都隆史氏(自民、比例)

 【日中関係】

 宇都氏 中国の潜水艦が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行した。常に警戒心を持ち、慎重に関係構築をすべきだ。

 首相 日本の領土、領海、領空を断固、守り抜く。この方針の下、万全の態勢を取った。尖閣諸島を巡る情勢には、今後も毅然かつ冷静に対応していく。安倍政権の決意を見誤るべきではない。今年は日中平和友好条約締結40周年の節目だ。日中両国は北朝鮮問題をはじめ、アジアの平和と繁栄に大きな責任を共有している。隣国故に難しい課題もあるが、戦略的互恵関係の下、大局的な観点から協力と交流を進めていく。

 【防衛政策】

 宇都氏 防衛装備品の開発と、有事の際の整備や補給の態勢が脆弱だ。産業界と調整が必要だ。

 首相 装備品の研究開発、生産、整備は民間企業に依存しており、国内の生産技術基盤を維持、強化しておくことは極めて重要だ。防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」の見直しに当たり、防衛力を支える国内基盤を強化するための取り組みも重要な検討課題だ。

■高野光二郎氏(自民、高知)

 【憲法改正】

 高野氏 改憲の必要性をどう考えるか。

 首相 憲法は国の形、理想の姿を示すもので、時代の節目に当たって議論を深めるべき時に来ている。改憲は国会が発議し、最終的には国民投票で決する。決めるのは国民だ。国民が(改憲の)権利を実行するために、国会で真摯な議論を深めることが必要であり、私たちにはその義務がある。党利党略や党が割れるからとかではなく、前向きに取り組んで良い案が出ることに期待したい。

 【参院選の合区】

 高野氏 隣接県を統合する「合区」を解消すべきだ。

 首相 合区を含め、参院の選挙制度の在り方は議会政治の根幹に関わる重要な問題だ。各党各会派で議論していただく。

■ 山本香苗氏(公明、比例)

 【米軍機トラブル】

 山本氏 沖縄で米軍ヘリの不時着が相次いでいるのは異常事態だ。日米安保体制の根幹が揺らぎかねない。

 首相 日米両国は地域住民の安全確保を最優先課題として取り組んでいる。トランプ米大統領にも直接伝え、地元の懸念を軽減する重要性を確認した。徹底的な整備、点検を実施し、再発防止策を講じるよう米国に求めている。

 小野寺五典防衛相 2月1日に自衛官を沖縄県の米軍普天間飛行場に派遣し、(米軍の点検整備の状況を)確認する。

 【防衛計画大綱】

 山本氏 スタンド・オフ・ミサイル(巡航ミサイル)は敵基地攻撃に転用できるのか。

 首相 スタンド・オフ・ミサイルだけで敵基地攻撃能力は発揮できない。隠蔽されたミサイル発射基地を把握し、相手国の制空権を一時的に確保して攻撃するなど一連のオペレーションが必要だ。日本を攻撃する相手を排除するための装備だ。

 山本氏 どのようなプロセスで大綱を見直すか。

 首相 関係省庁が連携して検討し、国家安全保障会議(NSC)でも十分に議論する。

〔共同〕

日本の漫画やゲーム、無断で翻訳…中国人の女2人逮捕 不正ネット公開組織「漢化組」メンバー – 産経ニュース

 日本語の漫画やゲームのせりふを不正に中国語に翻訳したとして、京都府警と山口県警の合同捜査班は31日、著作権法違反容疑で、中国人の女2人を逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。2人は、日本の漫画やアニメなどの作品を無断で中国語に翻訳したりネット上に不正に公開したりする「漢化組」と呼ばれる組織の一員。

 逮捕されたのは、名古屋大学研究生の女(24)=名古屋市=と、大学院生の女=相模原市。名大研究生の逮捕容疑は、平成28年12月~29年9月、月刊誌に掲載された漫画作品「ユキ堕ち村にお嬢様!」(藤原ヒロ原作)のせりふを無断で中国語に翻訳したとしている。

 大学院生の逮捕容疑は平成27年1月~28年1月、人気漫画「遊☆戯☆王」のゲームソフトの登場人物のせりふを無断で中国語に翻訳したとしている。

年530億件、被害額3・8兆円…横行する中国での不正ネット公開

 中国のインターネットサイトでは、日本のアニメや漫画、ゲームなどの不正公開が相次いでいる。平成25年の文化庁の調査では、年間530億件が不正に公開され、被害額は約3兆8千億円に上る実態が明らかになった。

続きを読む

日本の漫画など違法に翻訳 中国人の容疑者5人逮捕 – 朝日新聞

 日本の漫画などを作者に無断で翻訳したり、中国語のサイトで自由に読めるようにしたりしたとして、京都、山口、静岡、三重、島根の5府県警は31日、23~28歳の中国人の男女5人を、著作権法違反の疑いで逮捕したと発表した。一部が違法な翻訳、配信活動に関わっているとされる中国人グループ「漢化(かんか)組」のメンバーとみられ、「仲間に読ませたくて翻訳した」などと容疑を認めているという。

 5府県警によると、5人は2015年1月から今年1月、違法配信されると知りながら日本の漫画、ゲーム、ゲーム雑誌を翻訳したり、中国語サイトに配信して不特定多数の人が読めるようにしたりした疑いがある。漫画「君に届け」やゲーム「遊☆戯☆王アーク・ファイブ TAG FORCE SPECIAL」などが翻訳された。

 京都、山口の両府県警が逮捕したのは、名古屋大(名古屋市)に留学中の女(24)=同市昭和区=と、桜美林大大学院(東京都町田市)に留学中の女(25)=相模原市中央区。共に漢化組の一員と認めており、メンバーの逮捕は全国で初めてという。メンバーはネットを通じて募集され、翻訳や配信作業などを分担しているという。

IoT先端スタートアップ30社超が集結!Tech×ビジネスの祭典3月22日開催 – 週刊アスキー

 ASCIIは2018年3月22日(木)、赤坂インターシティコンファレンスにて、ハードウェアとIoTプロダクトのスタートアップを中心とした、ビジネスセミナー・展示交流イベント“IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP”を開催いたします。

 展示ブースの入場チケット(無料)と、5つのセッションを予定している全カンファレンスフリーパス(3000円)のチケット2種の登録を1月31日より開始いたしました。

■■参加登録はコチラから!(予約ページに遷移します)■■

IoT5

 本イベントは複数のカンファレンス、多数のスタートアップを中心とした企業ブース出展で構成されています。IoTおよびハードウェアの関係者が一堂に会する場として、また、さまざまなハードウェアやIoTビジネスでのマッチング・ネットワーキングの場として、ご来場の皆さまに広く活用いただけるイベントとなります。

 展示会場では、国内スタートアップ企業のハードウェア/IoT製品やサービス・ソリューションの数々に直接触れ、開発企業に直撃できることでその熱さや勢いを体感できます。

 第5回となる今回は、7月から国内販売も開始予定の網膜に直接映像を投影するQDレーザのアイウェア「RETISSA Display」や、CEATEC AWARD 2017 コミュニティ・イノベーション部門でグランプリを獲得したWi-Fi電波で空間での物体や人体の検知ができる空間認知エンジン「Origin Wireless」をはじめ、30社を超えるスタートアップが出展します。

 出展企業各社の詳細は、イベントまでの期間中にASCIIの記事でも順次紹介していきますので、ご期待ください。

iottike
RETISSA Display
iottike
Origin Wireless

盛り上がりを見せるIoTを真のビジネスへ
「IoT & H/W BIZ DAY」史上初のピッチ大会も開催

 さらに、IT/通信/ものづくり関係者必見のオープンイノベーションやIoT新事業などに迫るセッションも終日開催するほか、先進的な出展プロダクトへのアワード表彰を行うピッチ大会「ASCII Connected Industries Award決勝」も開催します。

<実施セッション>
●11:50~カンファレンスセッションA:開会式~基調講演「Connected Industriesの実現に向けたスタートアップ政策について(仮)」
●13:00~カンファレンスセッションB:海外イベントから見える2018年度IoT最新トレンド(仮)
●14:00~カンファレンスセッションC:自主プロジェクトから生まれた”触ってみたくなるビーコン”富士通PulsarGumのビジネス開発への挑戦!
●15:00~カンファレンスセッションD:1年間で6000社と話し1000の出会いを創出してきたeiiconが語る共創ノウハウ
●16:00~カンファレンスセッションE:ASCII Connected Industries Award決勝

 第5回を数えた今回のイベントコンセプトは、「IoTビジネスの領域拡大」/「オープンイノベーションの促進」/「Society 5.0社会の実現」です。盛り上がりを見せるIoTを本当にビジネスにしていくためには? IoT & H/W BIZ DAYは、オープンイノベーションや日本のいまある課題を解決し、次のSociety 5.0時代をつくる製品、サービスを運営、開発する企業をサポートしていきます。

 ビジネスとしてものづくり・IoT・ハードウェアスタートアップに関わる企業関係者、企業内の新規事業担当、投資部門担当者、ハードウェアスタートアップ関係者、起業を考えている方、ハードウェア・IoT・オープンイノベーションに興味のあるビジネスマン・エンジニア、そしてASCIIファンのみなさまのご来場をお待ちしております。

■■参加登録はコチラから!(予約ページに遷移します)■■

 2017年8月28日に開催した第4回IoT & H/W BIZ DAYの様子や、ブース出展社の声をまとめた動画も公開中です。

『IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP』
■日時:2017年3月22日(木)
開場 11時30分 終了予定 18時(予定)
■場所:赤坂インターシティコンファレンス
〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F(the AIR)
■入場料:展示ブース(無料)、カンファレンスフリーパス(3000円)
■イベント内容:5セッションを実施予定、出展ブース ハードウェア/IoTスタートアップ企業による展示、実機デモ、物販など
■参加方法:カンファレンス / 展示エリア共に事前登録制
■主催:ASCII STARTUP
■共催:富士通株式会社、eiicon
■協賛・協力:フォームラン、ペライチ、リコー、No Maps実行委員会、PR TIMES
■出展:富士通、eiicon、リコー、PR TIMES、IT工房Z、アメグミ、Ambi Labs.、AnchorZ、144Lab、エイコム、エイブリッジ、O:、オープンロジ、Origin Wireless Japan 、キッズプレート、QDレーザ、glafit、Gatebox、ジーエルシー、16Lab、SOINN、ソフトフロントジャパン/エコノミカル、泰興物産、ドリコス、バタフライボード、歯っぴー、パリティ・イノベーションズ、ピクスー、ヒナタデザイン、Mintomo、Momo、リコノミカル、リトルソフトウェア、リンクジャパン ほか
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

■■参加登録はコチラから!(予約ページに遷移します)■■

■関連サイト

関連記事

ASCII.jp:IoT先端スタートアップ30社超が集結!Tech×ビジネスの祭典3 … – ASCII.jp

IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP
第3回

『IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP』来場者募集開始!

 ASCIIは2018年3月22日(木)、赤坂インターシティコンファレンスにて、ハードウェアとIoTプロダクトのスタートアップを中心とした、ビジネスセミナー・展示交流イベント“IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP”を開催いたします。

 展示ブースの入場チケット(無料)と、5つのセッションを予定している全カンファレンスフリーパス(3000円)のチケット2種の登録を1月31日より開始いたしました。

■■参加登録はコチラから!(予約ページに遷移します)■■

 本イベントは複数のカンファレンス、多数のスタートアップを中心とした企業ブース出展で構成されています。IoTおよびハードウェアの関係者が一堂に会する場として、また、さまざまなハードウェアやIoTビジネスでのマッチング・ネットワーキングの場として、ご来場の皆さまに広く活用いただけるイベントとなります。

 展示会場では、国内スタートアップ企業のハードウェア/IoT製品やサービス・ソリューションの数々に直接触れ、開発企業に直撃できることでその熱さや勢いを体感できます。

 第5回となる今回は、7月から国内販売も開始予定の網膜に直接映像を投影するQDレーザのアイウェア「RETISSA Display」や、CEATEC AWARD 2017 コミュニティ・イノベーション部門でグランプリを獲得したWi-Fi電波で空間での物体や人体の検知ができる空間認知エンジン「Origin Wireless」をはじめ、30社を超えるスタートアップが出展します。

 出展企業各社の詳細は、イベントまでの期間中にASCIIの記事でも順次紹介していきますので、ご期待ください。



RETISSA Display Origin Wireless

盛り上がりを見せるIoTを真のビジネスへ
「IoT & H/W BIZ DAY」史上初のピッチ大会も開催

 さらに、IT/通信/ものづくり関係者必見のオープンイノベーションやIoT新事業などに迫るセッションも終日開催するほか、先進的な出展プロダクトへのアワード表彰を行うピッチ大会「ASCII Connected Industries Award決勝」も開催します。


<実施セッション>
●11:50~カンファレンスセッションA:開会式~基調講演「Connected Industriesの実現に向けたスタートアップ政策について(仮)」
●13:00~カンファレンスセッションB:海外イベントから見える2018年度IoT最新トレンド(仮)
●14:00~カンファレンスセッションC:自主プロジェクトから生まれた”触ってみたくなるビーコン”富士通PulsarGumのビジネス開発への挑戦!
●15:00~カンファレンスセッションD:1年間で6000社と話し1000の出会いを創出してきたeiiconが語る共創ノウハウ
●16:00~カンファレンスセッションE:ASCII Connected Industries Award決勝

 第5回を数えた今回のイベントコンセプトは、「IoTビジネスの領域拡大」/「オープンイノベーションの促進」/「Society 5.0社会の実現」です。盛り上がりを見せるIoTを本当にビジネスにしていくためには? IoT & H/W BIZ DAYは、オープンイノベーションや日本のいまある課題を解決し、次のSociety 5.0時代をつくる製品、サービスを運営、開発する企業をサポートしていきます。

 ビジネスとしてものづくり・IoT・ハードウェアスタートアップに関わる企業関係者、企業内の新規事業担当、投資部門担当者、ハードウェアスタートアップ関係者、起業を考えている方、ハードウェア・IoT・オープンイノベーションに興味のあるビジネスマン・エンジニア、そしてASCIIファンのみなさまのご来場をお待ちしております。

■■参加登録はコチラから!(予約ページに遷移します)■■

 2017年8月28日に開催した第4回IoT & H/W BIZ DAYの様子や、ブース出展社の声をまとめた動画も公開中です。

『IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP』
■日時:2017年3月22日(木)
開場 11時30分 終了予定 18時(予定)
■場所:赤坂インターシティコンファレンス
〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F(the AIR)
■入場料:展示ブース(無料)、カンファレンスフリーパス(3000円)
■イベント内容:5セッションを実施予定、出展ブース ハードウェア/IoTスタートアップ企業による展示、実機デモ、物販など
■参加方法:カンファレンス / 展示エリア共に事前登録制
■主催:ASCII STARTUP
■共催:富士通株式会社、eiicon
■協賛・協力:フォームラン、ペライチ、リコー、No Maps実行委員会、PR TIMES
■出展:富士通、eiicon、リコー、PR TIMES、IT工房Z、アメグミ、Ambi Labs.、AnchorZ、144Lab、エイコム、エイブリッジ、O:、オープンロジ、Origin Wireless Japan 、キッズプレート、QDレーザ、glafit、Gatebox、ジーエルシー、16Lab、SOINN、ソフトフロントジャパン/エコノミカル、泰興物産、ドリコス、バタフライボード、歯っぴー、パリティ・イノベーションズ、ピクスー、ヒナタデザイン、Mintomo、Momo、リコノミカル、リトルソフトウェア、リンクジャパン ほか
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

■■参加登録はコチラから!(予約ページに遷移します)■■

■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事