Enzyme.comはスタートアップたちがFDA承認プロセスに費やす労力を削減する – TechCrunch Japan


米国食品医薬品局(FDA)の承認プロセスは、認可を得て、米国内での一般販売を開始したいと望んでいる健康スタートアップにとっては、地雷原を進むようなものである。YC(Y Combinator)出身の企業であるEnzyme.comは、そうした小規模ビジネスたちを、プロセスを自動化することで手助けしようとしている。

バイオメディカルエンジニアのJared Seehaferは、Genentechのようなヘルスケア会社を相手にしたコンサルティング経験を通して、このアイディアを思いついた。彼はコンプライアンスに従うためのすべての書類をきちんと用意することが、単に大変なだけではなく、小企業の動きを鈍くしている原因の多くを占めていることに気が付いたのだ。

Seehaferは、TechCrunchに対してこう語っている。「企業が、仕事の結果を文書化するのに、仕事そのものを行っていた時間とほぼ同程度の時間を費やしていることに気が付きました。これは数兆ドル規模の産業なのです、そこで私は『なぜこの処理を自動化するソフトウェアがないのだろう?』と考えたのです」。

Seehaferによると、コンプライアンスは創業者たちにとって、資金調達に続く第2の難問であると言う。そこで彼は意を決して、共同創業者として規制の専門家であるJake Grahamに声を掛け、Enzymeを設立した。同社のソフトウェアは昨年の夏にベータ版がリリースされたが、企業はその自動化ソフトをJira、Trello、GitHubなどのプラットフォームと統合を行うことが可能だ。

世の中にはコンプライアンスに役立つ代替手段も存在しているものの、それらはしばしば専門家の関与が必要であり、様々なソフトウェアシステムを複雑に組み合わせなければならない。

Seehaferによれば、Enzymeを使うことで、スタートアップたちは規制上の課題に関する背景を理解する必要がなくなり、事務処理から二度手間が排除される。彼らは単にそれを導入して、FDA対応の準備を整えることができる。

これまでのところEnzymeは、Refactor Capital、Data Collective、Soma Capital、そしてRock Health、ならびにScience ExchangeのElizabeth Iornsといった様々なエンジェルたちから、185万ドルの資金を調達している。

同スタートアップは現在約10社と協力しているが、Seehaferは2018年には積極的な成長目標を掲げている。特にこうしたサービスを必要としている、初期調達を行ったデジタルヘルス企業に狙いを絞っていく予定だ。彼はまた、アクセラレーターやVC企業とのパートナーシップを通じて、そうした企業との橋渡しも行う。

もちろん、各企業はこうした作業を自分自身で行い、FDAのウェブサイトに置かれたガイドラインに従うべく努力をすることもできる。しかし、Seehaferによれば、たとえガイドラインがはっきりしていたとしても、結局は多くの企業がコンサルタントやフルタイムのコンプライアンス担当者を雇ったり、次のフェーズに進めるために大量の費用を使うことが多い。

「(コンプライアンスにどのように合致させるかを)明確化することに対する阻害要因があり、異なるステージで異なるレベルの承認があるのです」と彼は言う。

Seehaferは、Enzymeが創業者たちのプロセスをより円滑に導くだけでなく、コミュニティを教育し、アイデアを持った人がイノベーションにさらに集中し、書類仕事に時間を割かなくても良いようにしたいと考えている。

どこかEnzymeのような企業が(医療スキャンダルを引き起こした)Theranosのプロセスをナビゲートする手伝いをしたのだろうか?Seehafer笑いながら、あの非難が集中している血液検査会社は「そもそも、FDAの基本的なコンプライアンスにさえ従っていなかったのですよ」と付け加えた。

[原文へ]
(翻訳:sako)

舞台はアフリカのスタートアップ!タイガーモブ、ルワンダで実践型プログラム第2弾の募集開始! – Africa Quest.com

internship_img25a4780483c306

海外インターンシップ事業を手がけるベンチャー”タイガーモブ”は、東アフリカのルワンダ共和国において2週間で新サービスの営業を体験するビジネス視察兼海外インターンシッププログラム“STARTUP AFRICA”の第2期募集を開始しました。国際援助の文脈で語られることが多かったアフリカですが、今回はビジネスの次なる舞台として、ルワンダを知る・ルワンダでビジネスを実践することにフォーカスした海外インターンプログラムです。舞台は、ルワンダの少数精鋭のスタートアップチームです。2018年春、ルワンダでアフリカの可能性を感じましょう!

なぜ今、アフリカに行くべきなのか!?

17917019_10212485811564989_2143256736_o

汚職や貧困、紛争などの課題がある一方、ラストフロンティアとして注目されるアフリカは、これからの数十年、世界で一番人口が増加する地域と言われています。10億人を超える人口はこれからアフリカ経済の発展とともにビジネスチャンスの宝庫とも言える消費市場へと変貌します。

豊富な天然資源に恵まれたアフリカの過去10年の実質GDPの平均成長率は5.4%と急成長を遂げていますが、ここ数年で急激な成長を遂げているため、現状では、日本に当たり前にある製品やサービスもなく、多くの分野にまだまだ入り込む余地があります。また、人口増と経済成長だけでなく、アフリカは、携帯電話の急速な普及などの技術革新の恩恵を受け、次々とイノベーションが生まれています。

実際にケニアのGDPの半分近くが取引されるというモバイルマネーM-Pesaは、水道・電気なので基礎インフラより早くケニア全域に広がり、現在ではアフリカを越えインドにも進出しているなど、急速に進化するテクノロジーから新たなサービスが次々と生まれています。

アフリカの奇跡、ルワンダが注目!

blob_5933cc4057c5b

その中でも「アフリカの奇跡」と呼ばれるほどの経済成長を遂げいてるのが東アフリカのルワンダです。ルワンダ大虐殺という負の歴史を乗り越え、現在は情報処理や情報通信の分野であるICT産業で急成長を遂げています。

1994年に国内紛争を経験しながらも、その後1999年には紛争前の水準まで経済状態を回復させ、近年、年8%前後の高い経済成長率を誇るルワンダは、治安回復・教育水準向上のスピードの速さから「アフリカの奇跡」とも呼ばれています。

またIT立国を掲げる政府の方針のもと、IT人材を育成し、ICTビジネスの振興等、さまざまな優遇政策で投資を加速させています。ルワンダの人口は約1,200万人足らずと決して多くはないため、マーケットとしては限定的です。しかし、アフリカ大陸の真ん中に位置する内陸国である為、東アフリカ、さらにはアフリカ全土に進出する上でのハブとなり得る場所と期待が集まっています。

また世界銀行の報告書「Doing Business 2017(ビジネス環境 2017)」において、ルワンダはアフリカで2番目にビジネスがしやすい国として高く評価されています。

将来アフリカで活躍したい人の為のビジネス視察が開催!

internship_img15a33abf5597cf

昨年ルワンダで開催され大盛況だった、2週間でアフリカ・ルワンダを視察し、新サービスの営業を体験するビジネス視察兼海外インターンシッププログラム、“STARTUP AFRICA”の第2期募集が開始されました。

プログラムが実施される場所は、ルワンダの首都キガリです。アジアに比べると母数は少ないですが、ルワンダで活躍する日本人のビジネスパーソンとの出会い・起業家の講演会等で自身が将来やりたいことと現実とのギャップを埋め、自分自身や仲間とディスカッションをしながら自分自身にその時の気づき・学びを徹底的に落とし込みます。

具体的には、ルワンダの市内視察から虐殺の歴史から奇跡の復興を遂げたと立役者と言われるルワンダコーヒー農園の視察、ルワンダを拠点にアフリカ発のサービス展開を実施しようとしているスタートアップ企業へ訪問などをします。ルワンダで伸びてきている企業やルワンダのリアルを知ることができるプログラム内容となっています。日本とは全く違った風景が広がり、優秀な若者が集うルワンダを知る為に本プログラムをご活用頂ければ嬉しいです。

STARTUP AFRICA in RWANDA〜アフリカの地を駆け巡る2週間〜詳細!

internship_img45a4780c18c06f

【研修国・都市】ルワンダ・キガリ
【日程】2018年3月12日〜3月25日(2週間)
【報酬・手当】なし
【必要なスキル・資格】なし(※英語力は問いませんのでご安心ください。)
【詳細/申し込み】募集ページ

身に付く力・得られる経験

  • ルワンダのICT産業の発展を肌で感じる経験
  • ルワンダの現地サービスを知り、アウトプットする(結果を出す)経験
  • 英語で学び、英語で現地ビジネスを実践する経験
  • 実際の商品を扱い、マーケティング・販売に関わる経験
  • ルワンダで働く日本人・ルワンダ人と出会い、アフリカで働くことを知る経験
  • アフリカやマーケティングなど同じ分野に興味を持つ同世代との出会い
  • 新規事業開発者からのマーケティングに関するレクチャーとフィードバック

こんな人を求めています

  • 短期間の海外インターンシップに挑戦したい
  • アフリカでビジネスチャンスを探している方
  • 将来はアフリカで事業をしたい、働きたいと考えている方
  • ルワンダの奇跡の復興を肌で感じたい方
  • ルワンダのスタートアップに興味がある方

参加者のレポート

世界最高品質を目指す!ルワンダ最大のコーヒー会社、RWACOF社の生産現場と取り組みをレポート!

ルワンダでレストランを経営するシングルマザー唐渡さんに聞く、ビジネス事情とルワンダでの生活!

ルワンダのIT界を牽引するDMM.HEHE!創業者にアフリカビジネスの秘訣について聞いてみた!


詳細・申し込み先はこちらから!

The following two tabs change content below.

Tiger Mov, Inc.

海外インターンシップならタイガーモブ(タイモブ/Tiger Mov)。アジア新興国を中心に25カ国約180件の海外インターンシップ求人情報を紹介。アジア新興国市場でのインターンシップを経験した方が集結する海外インターンコミュニティも運営。

Tiger Mov, Inc.

アイシン精機、AIなど成長技術分野のスタートアップ企業に投資する子会社「Fenox Venture Company XX, LP」設立へ – Car Watch

 アイシン精機は1月19日、子会社のアイシン・エィ・ダブリュと共同で「電動化」「人工知能」「情報通信」といった成長技術分野のスタートアップ企業を中心に投資する子会社「Fenox Venture Company XX, L.P.」を米国カリフォルニアに設立すると発表した。設立日は2月の予定。

 出資総額は5050万米ドル(約55億円)。出資比率はアイシン精機が49.5%、アイシン・エィ・ダブリュが49.5%、Fenox Venture Management XX,LLCが1.0%となる。

 子会社設立の理由は、同社グループでは「ゼロエミッション」「自動運転」「コネクティッド」の3分野を次世代開発の核となる技術開発領域と定めて開発を進めており、将来の競争力確保のため「電動化」「人工知能」「情報通信」などの技術領域において優れた技術を有するスタートアップ企業を探索・発掘して、その最先端技術を活用する必要があると判断したため。

 なお、子会社設立に関わる業績への影響は軽微としている。

【市況】本日の【新規公開(IPO)】情報 (19日大引け後 発表分) – 株探ニュース

●Mマート 4380>

 上場市場:東証マザーズ
 上場予定日:2月23日

 事業内容:BtoBに特化したインターネットマーケットプレイス事業

 仮条件決定日:2月2日
 想定発行価格:1190円

 上場時発行済み株式数:244万5400株
 公募:45万3400株
 売り出し:13万4000株
 オーバーアロットメントによる売り出し:上限8万8100株
 ブックビルディング期間:2月6日~13日
 公開価格決定日:2月14日
 申込期間:2月15日~20日
 払込日:2月22日

 主幹事:みずほ証券

[2018年1月19日]

株探ニュース

CTIAがアドバイザリーを務めたニュージーランドスタートアップブロックチェーン企業『Centrality』がわずか6分以内に約100億円の資金調達を成功させました。 – PR TIMES (プレスリリース)

CentralityのCENNZトークンは予想をはるかに上回る需要があり、8000人以上の参加者がBlockhausとSingleSouceによるKYC(Know Your Customer:本人確認手順)とAML(Anti-Money Laundering:資金洗浄防止)が組み込まれたBlockhaus Sales Appに登録しました。

「2億6200万米ドル分のETHがBlockhaus Sales Appにデポジットされ、史上最も人気あるICOとなった」とCentrality最高経営責任者/共同設立者であるアーロン・マクドナルドは話します。

また、「私たちは強い信頼関係を持つ投資アドバイザーであるCTIAと協力し合い、セールに参加する投資家に公正かつ公平な結果を提供することに最善を尽くしました。需要が供給を越えても、私たちは信念に従い、トークンの価格のあげることなく、プレセールとメインセールを合わせた目標調達額である1億米ドルを変更しませんでした。私たちは “Creating tomorrow together”(訳:共に明日をつくる)を実現していくために十分だと思っています。」とのコメントを発表しました。

なお、この度のTGEによる調達資金は、

■ネットワークの拡大

■プラットフォームユーザーの獲得

■プラットフォーム上で面白いアプリケーション作る開発者たちを誘致する

以上の目的のために充てられます。

≪ CTIA ≫

CTIAは仮想通貨やトークンなどのブロックチェーン暗号資産を専門とする投資アドバイザリー会社です。『すべての人々へフェアな投資を。』を理念に、暗号資産投資におけるユーザー保護(消費者保護)を徹底し、安心安全な投資環境を提供することで社会貢献してまいります。

CTIAは「BCP」というTGEプロジェクトの審査基準を用いて各TGEを評価・分類し、一般ユーザーにとっても分かりやすいTGEランクの指標を設けます。

≪ Centrality ≫

Centralityは世界的に有名な企業で時価総額数億ドル相当の技術を開発してきた優秀な人材によって構成されているチームです。特に、Centralityの技術開発チームはAlibaba, Baidu, XERO, Google, IOTA, HYPERLEDGER,Consensysといった最先端ブロックチェーン技術を持つ企業から集まっています。

新規上場日程一覧(19日現在) 「Mマート」 – ロイター

 * IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック 
TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株) 
TR:REIT TP:TOKYO PRO Market 
N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス  
F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス 市場 社名 コード 単位 上場日 公募・売り出し(追加) 仮条件 公開価 主幹事 格 TR CREロジスティクスファンド投資法人  1口 2/7 16万1150口・4万1900口(1万0153 1/23 1/30 日興 投資証券 口) TM 世紀 100 2/8 26.02万株・19.52万株(6.83万株) 1/22 1/30 野村 TR ザイマックス・リート投資法人 投資証券 1口 2/15 20万9905口・なし(1万0495口) 1/29 2/6 日興 TM Mマート 100 2/23 45.34万株・13.4万株(8.81万株) 2/2 2/14 みずほ TP ニッソウ 100 2/26 なし・なし(なし) フィリッ プ ●市場・指定変更、追加上場、テクニカル上場日程一覧 市場 社名 コード 上場 既上場市場 日 T2 竹田印刷 1/26 N2 T1 トリケミカル研究所 1/26 JQ T1 象印マホービン 2/5 T2 

Mマート、2月23日東証マザーズへ新規上場 | 市況 – 株探ニュース – 株探ニュース

 Mマート4380>が2月23日に東証マザーズ市場へ新規上場する。上場に際し45万3400株の公募と13万4000株の売り出し、上限8万8100株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。主幹事はみずほ証券。公開価格決定日は2月14日。同社はBtoB(企業間取引)に特化したインターネットマーケットプレイス事業を行っている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

【市況】Mマート、2月23日東証マザーズへ新規上場 – 株探ニュース

 Mマート4380>が2月23日に東証マザーズ市場へ新規上場する。上場に際し45万3400株の公募と13万4000株の売り出し、上限8万8100株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。主幹事はみずほ証券。公開価格決定日は2月14日。同社はBtoB(企業間取引)に特化したインターネットマーケットプレイス事業を行っている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):フィルC、北の達人、任天堂 – 株探ニュース

フィルC <日足> 「株探」多機能チャートより

■フィル・カンパニー 3267>  6,660円  +1,000 円 (+17.7%) ストップ高   本日終値
 フィル・カンパニー3267>の上昇が止まらない。株価は1000円高と値幅制限いっぱいに買われ、上場来高値を大幅更新した。同社は駐車場の上部空間を活用して空中店舗の企画提案および建築を行う。駐車場オーナーへの提案が好調で施工件数が拡大しており、業績急拡大が続いている。株価も昨年11月初旬に日本郵政6178>の投資子会社である日本郵政キャピタルの資本参加を契機に急速な上昇トレンドに突入。今月12日に発表した18年11月期の営業利益予想は5億1000万円(同72.1%増)と成長加速を見込んでおり、大口の買い注文が続いている。

■ハナツアーJ <6561>  2,925円  +385 円 (+15.2%)  本日終値
 HANATOUR JAPAN<6561>が6連騰。韓国からの日本向け旅行の手配業務などを手掛けており、インバウンド関連株物色の流れに乗っている。昨年12月15日に東証マザーズ市場に新規上場。初値は公開価格(2000円)を10%上回る2200円だった。この日で、公開価格からの上昇率は50%に乗せてきたが、直近IPO株のなかでは値上がり率は高くないだけに、出遅れ感からの買いも流入している様子だ。

■JIA <7172>  3,715円  +315 円 (+9.3%)  本日終値
 18日、ジャパンインベストメントアドバイザー <7172> [東証M]が17年12月期の連結経常利益を従来予想の34億円→41.7億円に22.6%上方修正。増益率が51.8%増→86.2%増に拡大し、従来の7期連続での過去最高益予想をさらに上乗せしたことが買い材料視された。主力の航空機リースや環境エネルギー案件の組成が順調に進む中、投資家からの旺盛な需要を背景に、出資金の販売が想定以上に伸びたことが寄与。

■北の達人 <2930>  2,410円  +184 円 (+8.3%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
 北の達人コーポレーション <2930> が大幅続伸。12日に発表した決算と業績修正が評価され、株価は17日に上場来高値2450円をつけ、16年末の125円(株式分割考慮)からわずか1年で「20倍(ダブルテンバガー)」を達成した。その後は利益確定売りに押される場面があったが、再び買い優勢に傾いている。同社は健康食品や化粧品のインターネット販売を手掛ける。ニッチな分野の高品質な商品と独自開発の広告データ分析システムによる高い収益力を武器に業績拡大が続いている。18年2月期第3四半期累計(3-11月)は集客体制の強化や積極的な広告宣伝が奏功し、売上高、経常利益ともに同期間の過去最高を大きく上回って着地した。併せて、広告の自社運用化の促進で広告宣伝費が想定を大幅に下回ることを踏まえ、通期の経常利益予想をに81.9%も上方修正し、配当も2.5円増額している。

■いちご <2337>  460円  +32 円 (+7.5%)  本日終値  東証1部 上昇率6位
 いちご <2337> が大幅反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が18日付で同社の投資判断「Buy(買い)」を継続し、目標株価を560円→590円に引き上げたことが買い材料視された。リポートでは、大型案件が多いリートなどへの売却が低水準にとどまる一方、含み益増加や富裕層向けへの売却本格化などで利益率が改善するとみて、19年2月期以降の利益予想を上方修正した。また、株価は依然割安感があると指摘している。

■タケエイ <2151>  1,408円  +91 円 (+6.9%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
 18日、タケエイ <2151> が発行済み株式数(自社株を除く)の2.1%にあたる50万株(金額で6億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は2月1日から19年1月31日まで。

■GMOインターネット <9449>  2,002円  +90 円 (+4.7%)  本日終値
 GMOインターネット<9449>が3日ぶりに反発。香港を拠点とする投資ファンド、オアシス・マネジメント・カンパニーは19日、3月下旬に予定されているGMOの株主総会に対して買収防衛策の廃止や指名委員会等設置会社への移行など6項目を提案したことを明らかにした。オアシス・マネジメントが提出した大量保有報告書ではGMOの5.06%の株式を保有している。オアシスは物言う株主(アクティビスト)と知られ、GMOの脆弱なガバナンス体制などを問題点として指摘している。

■SFPホールディングス <3198>  2,141円  +87 円 (+4.2%)  本日終値
 SFPホールディングス<3198>は大幅高。午後0時20分ごろ、自社株取得枠の変更と自社株の公開買い付けを発表しており、これを好材料視した買いが入っている。従来は上限を55万株(発行済み株数の1.88%)、または12億1000万円としていたが、これを376万7600株(同13.07%)、または76億8131万4000円に引き上げる。そのうち、325万株に対して公開買い付けを行うとしており、買い付け価格1株2030円で、買付期間は1月22日から2月19日まで。筆頭株主のクリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>が320万株を応募する見込み。なお、公開買い付けで取得した自社株価は全株を消却する方針としている。

■任天堂 <7974>  48,320円  +1,960 円 (+4.2%)  本日終値
 任天堂<7974>が6連騰。同社は18日、段ボールの工作キットを組み立て、「ニンテンドースイッチ」と連動させて遊ぶ新商品「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」を4月20日に発売すると発表しており、引き続きこれを好材料視した買いが入った。「ニンテンドーラボ」は、段ボール製の工作キットを組み立て、「ピアノ」や「つりざお」「バイク」「ロボット」など「Toy-Con(トイコン)」と呼ばれるコントローラーを自分の手で製作。これに「ニンテンドースイッチ」を組み合わせることで、新しい遊びを提供するという。米国と欧州でも同時期に売り出す予定で、業績への寄与が期待されている。また、「ニンテンドーラボ」では段ボールを組み立てることから、レンゴー<3941>や大村紙業<3953>などにも買いが入った。

■エフ・シー・シー <7296>  3,045円  +69 円 (+2.3%)  本日終値
 エフ・シー・シー<7296>が3日ぶりに反発。大和証券は18日、同社株のレーティングを新規「2」でカバレッジを開始した。目標株価は3300円としている。新興国2輪車市場ではインドネシア、インドを中心に成長が加速する可能性に注目。FCCは、二輪車・四輪車用クラッチを手掛けるホンダ系のサプライヤー。同証券では、FCCは二輪車向け事業の利益エクスポージャーが主要サプライヤーのなかで最も高く、特にインド市場の拡大に伴う恩恵を最も受けやすい点などに注目している。

株探ニュース