新生銀、カードローン事業再編=「レイク」の新規契約停止 – 時事通信



 は21日、グループのローン事業を再編すると発表した。「レイク」ブラドの銀行カードローンの新規契約を2018年4月に停止。同月には貸金業子会社の新生フィナンシャルで新たなローン商品を立ち上げ、人工知能(AI)など新技術の活用を検討する。(2017/12/21-12:26)

【経済記事一覧へ】 【アクセスランキング】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です