日産・ルノー、資本関係の見直し検討 – 日本経済新聞



 日産自動車と仏ルノーの会長を兼務するカルロス・ゴーン氏は16日、日本経済新聞のインタビューに応じ、両社の資本関係を見直す考えを示した。「あらゆる選択肢についてオープンに考えている」と述べた。仏政府はルノーと日産の経営統合を求めているもようだ。ゴーン氏は現在の相互出資関係を改めることを検討し2022年までに新体制に移行する考えも表明した。(関連記事企業2面に

 日産とルノーの提携(総合2面きょうの





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です