米、海外勢の投資制限 議会が安保理由に審査強化案 – 日本経済新聞



 【ワシントン=河浪武史】米議会は海外企業の対米投資を制限するため、対米外国投資委員会(CFIUS)の企業審査を厳格化する検討に入った。CFIUSは安全保障を守る目的で外資による米企業のM&A(合併・買収)を審査するが、今後は少額出資や合弁会社の設立なども対象に加える。技術覇権を争う中国への技術流出を防ぐ狙いだ。日本企業の対米投資にも影響しそうだ。

 CFIUSは財務省や国防総省などが管轄する独立組…





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です