カネ美食品のフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!




※この業績予想は2018年4月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

カネ美食品

3ヶ月後
予想株価
3,300円

惣菜・弁当を製造販売。中部地盤。惣菜店舗はユニーを軸に出店。弁当・おにぎりが中心の外販は多くがファミマ向け。昨年11月に上尾工場(埼玉県)が稼働。親会社のコンビニ再編に伴って悪化した外販事業の改善を急ぐ。

親会社のコンビニ再編に伴う混乱影響が想定よりも長引く。中部・関西のファミマ向け外販も停滞。配当維持。惣菜店は堅調だが18.3期は苦戦を予想。19.3期は外販事業の混乱が収束へ。株価は底入れ探る展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3単/F予/89,830/-1,320/-1,230/-1,270/-129.05/60.00
19.3単/F予/94,500/300/300/200/20.32/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/04
執筆者:JK





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です