マイクロアドとTAGGYが資本・業務提携~データフィード領域で協業へ … – MarkeZine



 マイクロアドとTAGGYは、TAGGYが実施した第三者割当増資をマイクロアドが引き受け、2015年12月30日に資本・業務提携を行った。同提携により、両社はまずデータフィード領域で協業し、データフィードを用いた総合マーケティング支援で国内シェアNo.1を目指す。

 マイクロアドは2015年11月にMicroAd DFsを設立しており、「データフィード」を用いたデジタルマーケティングの総合支援にも注力していく方針を掲げていた。TAGGYもデータフィードを自動更新して広告クリエイティブに即時反映できる機能「マッハフィーダー」を開発するなど、データフィード領域におけるテクノロジーとサービス開発力を有している。そして、両社の「データフィード流通のプラットフォーム」が必要というビジョンが一致し、今回の提携が実現した。

【関連記事】
ユナイテッド、データフィードマネジメントを使った広告配信サービスの提供開始
トランスコスモス、データフィードサービス提供へ~運用型広告サービスの拡充をはかる
フィードフォース、ヤフーとデータフィード分野で業務提携へ
TubeMogul、マイクロアドデジタルサイネージと連携~デジタルサイネージへの動画広告配信が可能に
マイクロアド、アンケートバナー配信サービス「LinX」を提供開始~リアルタイムで態度変容を計測





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です