パナソニック、AZAPAと資本業務提携 車載事業の開発を強化 – レスポンス



パナソニックは4月10日、車載事業の開発強化に向けて、自動車エンジニアリングサービスのAZAPAと資本業務提携を行ったことを発表した。

近年、電動化への対応や先進運転支援システム(ADAS)の搭載など、自動車開発では高機能化と多機能化が求められている。車両全体の性能最適化には、複数のシステムを相互に協調・制御することが必要で、設計・性能評価のプロセスは以前にも増して複雑化。試作を繰り返す従来の設計・性能評価では開発工数が肥大化し、試作をシミュレーションに置き換えるモデルベース開発の活用が重要となっている。

パナソニックとAZAPAは、仕様検討段階からモデルベース技術を活用し、設計の完成度を高め、後工程での手戻り削減・車載システムの性能向上に取り組んでいる。両社は、小型EV向け電動パワートレイン開発で2015年より協業。モデルベース開発導入によって高い性能を確保しつつ、開発期間短縮を実現した。

今回の資本業務提携は、これまで、小型EV向け電動パワートレインの開発で培ってきたモデルベース開発における協業関係をさらに深化・拡大させることが狙い。中長期的なビジョンを共有し、開発に取り組むことで、電動パワートレイン分野の協業深化に加え、協業範囲をコックピットやADASの分野にまで拡大。ドライバーや同乗者の状態を検知し快適なドライブを提供する車室内空間や、高度な運転者支援を実現する先進機能の開発を加速していく。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です