EICネット[環境Q&A – 「産廃委託契約書の自動更新に対し新規更新時期 … – EICネット



産廃委託契約書は、「排出する量」を見込んで価格を設定し、それに見合う金額の印紙を添付して年間契約で取り交わします。

一般的にこの契約書は「大きな変更が無ければ同一条件で更新されるもの」との記載事項を盛り込んで自動更新するようにしてあります。

質問ですが、

1.この「当初見込んだ排出する量」が、例えば業績の好調さや企業合併などの変化により増加していったとして、どの程度増加(何倍に増加)したら新たに契約書を取り交わさなければならないでしょうか?(通達などがありましたらご教示お願いします)。

2.「当初見込んだ排出する量」が少なくて印紙も200円を添付していた契約書が、量がずいぶん増加しているのを(悪意の有無関係なく)見逃しているとして、それを見つけて指摘・是正勧告するようなことは誰が・いつ・どのような形で、するのでしょうか?(できるのでしょうか?)

3.(2項に付随して)悪意を持って安い印紙を貼って自動更新している場合どのような処罰がありますでしょうか?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です