四国総研、愛知の東洋電機と業務提携 技術と営業補完 :日本経済新聞 – 日本経済新聞



 四国電力の研究開発子会社、四国総合研究所は10日、ソフトウエア開発や産業用電気制御機器を手がける東洋電機(愛知県春日井市)と製品開発や販売強化に向けた包括的な業務提携を結んだと発表した。四国総研が持つ技術力と東洋電機の製造・営業力を補完し合うことを狙う。

 東洋電機は「エレベータ用センサ」で国内7割のシェアを持ち、情報を高速伝送する装置の製造などに実績がある。四国総研は各種モニタリングシステムを低コスト、短期間で構築できる共通基盤技術「openATOMS(オープンアトムス)」の応用について、すでに東洋電機と提携を結んでいる。今回、提携を広範囲に広げ、製品拡販や顧客ニーズの把握につなげる。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です