THQ NordicがKoch Mediaの買収を発表。『Saints Row』『Metro』シリーズなどで知られるDeep Silverを傘下に収める – AUTOMATON



THQ Nordicは2月14日、Koch Mediaの全株式を取得し、同社を買収することで両社間で合意に至ったと発表した。買収金額は1億2100万ユーロ(約160億円)。Koch Mediaはドイツに本部を置くエンターテイメント企業で、ゲーム部門としてDeep Silverを抱えている。Koch Mediaは買収完了後も社名の変更はなく、THQ Nordicグループのもとで事業をおこなうとのことだ。

THQ NordicはNordic Gamesを前身とするパブリッシャーで、倒産したTHQの権利を買収したことで2016年に現在の社名に変更。『Darksiders』や『Red Faction』などの権利もTHQから獲得し大きな話題となった。同社はそれ以前から、このような買収を重ねて成長してきた企業で、最近では『Giana Sisters』のBlack Forest Gamesや、『BIOMUTANT』を開発中のExperiment 101など開発スタジオごと買収する例もあったが、今回の買収はTHQ以来の大型案件となった。


スポンサーリンク

『Agents of Mayhem』

一方のKoch Mediaは、Deep Silverから『Saints Row』や『Dead Island』『Metro』シリーズなどの人気作を送り出してきたが、こちらもTHQ Nordicと同様にIPやスタジオの買収で成長してきた企業だ。『龍が如く』シリーズなど、日本のゲームの海外での販売・流通を担当することもある。ほかに映画事業やパブリッシング事業などもおこなっているが、Deep Silverのゲーム事業がメインである。昨年は『Saints Row』シリーズを手がけたVolitionの『Agents of Mayhem』が発売されたが、売り上げが振るわずVolitionではレイオフを実施。今回の買収にはそうした影響もあったのかもしれない。

THQ NordicはDeep Silverが保有するIPを獲得し、現在開発中の『Metro Exodus』に関するライセンスも受け継ぐことになる。THQ NordicのCEO Lars Wingefors氏は今回の発表の中で、Deep SilverにおいてはVolitionの次回作や、『Homefront: The Revolution』で知られるDambuster Studiosの次回作、そして『Metro Exodus』ともう1本のAAAタイトルの開発が現在進行中であり、ほかの開発・販売タイトルを含め成功のもと届けることを約束している。『Saints Row』『Metro』シリーズは、もともとはTHQが販売を手がけていたタイトルであるため、今回の買収によりふたたびTHQの名の元に帰ってくる形となった。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です