カーリング女子「LS北見」が初戦へ 熱い声援に支えられた「奇跡のチーム」 – livedoor



 チーム結成からわずか8年。

 北海道北見市に本拠地を置くカーリング女子の「LS北見」が14日、平昌五輪の初戦に登場する。「マリリン」の愛称でカーリングの“顔”として活躍した本橋麻里(31)が、2010年バンクーバー五輪後に地元に戻って結成し、メンバー全員が同市出身。「選手が思いっきり戦う姿が見たい」。ゼロからスタートし、地元の熱い声援に支えられた「奇跡のチーム」が世界に挑む。

 ■有望選手が流出

 「ゼロから始まって本当に心が折れたこともあった。今では北見から世界を目指しているという目標に対して、応援してもらえることがすごく力になっている」。本橋は平昌入りする前、こう話していた。

 地元の名前で世界に挑めないのはなぜだろう−。「チーム青森」の一員としてバンクーバーを戦い終えた頃、本橋の胸にそんな思いが去来した。本橋は故郷の旧常呂(ところ)町(平成18年に北見市に合併)に戻ると、チーム結成に奔走した。

 同町は長年、町おこしの一環としてカーリングの普及に取り組む。通年で使用可能な屋内競技場が整備され、合併後の現在も学校の体育の授業にカーリングが取り入れられている。ただ近年、有望選手が活躍の場を求めて札幌市や本州に流出していた。地元に実業団チームがなかったからだ。

 「本橋の『戻ってきたい』って言葉に喜んだ関係者は多かった。だけど、ここには競技をしながら働ける企業があるわけじゃない。苦労するだけだと思った」。本橋がカーリングを始めた子供の頃から成長を見守ってきたNPO法人「常呂カーリング倶楽部」事務局長、鈴木繁礼(しげのり)さん(63)はこう打ち明ける。

 「簡単なことではない」と諭す鈴木さんに、本橋は揺るぎない決意を語った。

 「高校生と一緒でもいい。大学生を育ててもいい。人や地域とつながったクラブチームをつくって五輪を目指す」

 長野や札幌に散った地元出身の選手たちを呼び寄せた。それぞれの所属先やスポンサー企業も探した。「彼女はオリンピアンの肩書をかなぐり捨てて必死だった。慣れないスーツを着て、頭を下げて企業を回る。応援せずにはいられなくなってしまった」と鈴木さんは振り返る。

 ■1試合でも多く

 LS北見の選手たちは今、練習をメインに活動しながら、地元の体育協会や医療法人、民間企業などで勤務し給料を得ている。スキップ(司令塔)の藤沢五月(26)が勤務する保険代理店「コンサルトジャパン」の社長、近藤充広さん(45)は27年春、知人を通じて、本橋が所属先になってくれる企業を探していると相談を受けた。

 北見から五輪へ。熱っぽく語る本橋の姿に突き動かされた。だが同社はスポーツ選手の支援をした経験がない。「社長が勝手に変なことを決めてきたぞ、と社員は思ったのではないか」と苦笑する。

 今では地元を中心としたスポンサー約20社に支えられている。ここまで支援が広がったのは「職場や地域での交流を通じて、選手が夢だと語った五輪を、自分自身の夢として応援する人が増えた証しでは」と近藤さん。1試合でも多く五輪の舞台で戦い続けてほしい。そう願いを込めて声援を送る。(石井那納子)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です