メディシス、デイサービスのポラリスと業務提携 – 日本経済新聞



 調剤薬局大手のメディカルシステムネットワーク(メディシス)は19日、デイサービスの運営などを手がけるポラリス(兵庫県宝塚市)と業務提携したと発表した。ポラリスのデイサービス利用者に、薬の処方や服薬指導を担う。収益基盤の強化につなげる。

 ポラリスは歩行やリハビリを中心とした自立支援特化型のデイサービス事業所を全国で69カ所展開し、メディシスは調剤薬局を385店舗運営している。ポラリスのデイサービス利用者とメディシスの薬局利用者などを相互に紹介することで、効率良く集客する。

 ポラリスは利用者が自立した生活ができるよう目指したリハビリテーションなどでノウハウを持つ。在宅医療やデイサービス、訪問調剤などを一体的に提供するモデル店舗の開発にも取り組む。メディシスは将来は自立支援型デイサービス事業への参入も検討しており、事業規模拡大を目指す。

 メディシスは調剤薬局のM&A(合併・買収)を推進し、全国で店舗網を拡大している。調剤薬局事業では薬剤師や栄養士が健康指導をはじめ、認知症予防講座などに積極的に取り組んでいる。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です