トヨタ自動車のフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!




※この業績予想は2018年1月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

トヨタ自動車

3ヶ月後
予想株価
8,000円

自動車世界大手。傘下に日野やダイハツなど。SUBARUやマツダ、スズキと資本業務提携。北米に強み。環境技術にも定評。EV開発でマツダらと連合。パナソニックと二次電池で協業検討へ。18.3期2Qは最終増益。

ドル箱の北米が鈍化。アジアも弱含む。ただ欧州や国内が堅調。世界販売台数は前期比横ばいを維持へ。米国の販売奨励金増を原価改善や円安効果で吸収。18.3期は増収増益へ。PERに割高感なく、株価はジリ高を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/28,500,000/2,100,000/2,350,000/2,020,000/681.85/210.00
19.3連/F予/29,300,000/2,200,000/2,450,000/2,100,000/715.56/210.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/01/03
執筆者:JK





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です