医師偏在対策の関連法案、厚労相が国会提出に意欲 四病協・賀詞交歓会で – 株式会社CBnews



医師偏在対策の関連法案、厚労相が国会提出に意欲

来賓としてあいさつした加藤厚労相(12日、都内)

 加藤勝信厚生労働相は12日、四病院団体協議会(四病協)が東京都内で開いた賀詞交歓会であいさつし、医師の偏在解消に向けて医療法・医師法の改正案を次期通常国会で提出する考えを改めて示した。【松村秀士】

【関連記事】

 加藤厚労相は、「医師の偏在は大きな課題だ」と指摘した上で、「都道府県が主体的に医師確保対策を推進する体制を構築していく。そして医師が地方で勤務することを後押しする。こうした仕組みを盛り込んだ改正法案を次の国会で提出させていただきたい」と述べた。

■「自院の等身大の姿見ることが大事」―日病会長

 四病協を代表してあいさつした日本病院会の相澤孝夫会長は、「日本の医療を取り巻く環境を見れば、未来の医療はこれまでの医療の延長線上にはないということは明白だ」とした上で、「自分の病院の等身大の姿をきちんと見ることが極めて大事」と述べた。

 また、「周辺の地域がどういう状況になっているかをしっかり把握しないと、自分の病院の行く道を見ることができない」と病院関係者に呼び掛けた。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です