任天堂はSwitchのハードウェアを改良するスタートアップ企業を探している – GamesIndustry.biz Japan Edition



プラットフォームホルダーは,ハイブリッドゲーム機に新たなアドオンやテクノロジを調達するためにScrum Venturesと協力した。

 任天堂は,将来Switchが提供することになる技術に従事するスタートアップ企業を探すためベンチャーキャピタル会社とパートナーシップを組んだ。

 その会社サンフランシスコのScrum Venturesは,Nintendo Switch + Tech program(参考URL)に適したチームを探すことを任務としている。Nintendo Switch + Tech programは「Nintendo Switchのゲームとそれを超えたところでの視野を広げる」ことを目的としているものだ。

 望まれている技術確信は主にハードウェアベースのもので,このプロジェクトではソフトウェアによる提案に興味はない。

 代わりに,これは技術スタートアップ企業,大学の研究チームやSwitchを強化する可能性があるアドオンや新技術に取り組む大企業内の小さな部門などが求められている。

 ダンボール製周辺機器と対応するゲームでSwitchのさらなるクリエイティブな遊びを提供して好評を博したNintendo Laboに続く動きとなる。今年初めに発表されたLaboは任天堂の株価を大きく引き上げた(関連英文記事)。

 Nintendo Switch + Techプログラムへの応募申請は現在受付中で6月9日に締め切られる。候補者は夏中に選ばれ,選抜された候補者は初秋に任天堂に対して技術を売り込む機会を与えられる。

 これはSwitchに新たな周辺機器やアクセサリをもたらしそうなものとなっているだが,任天堂は将来のハードウェア改訂を示唆する新たな部品やSwitchを強化できる技術を探している可能性もある。



※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です