アリババ傘下のアント、上場控え評価額1500億ドルに迫る – WSJ – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版



 中国電子商取引大手アリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が生み出したフィンテック事業が、世界有数の価値を有する企業に名を連ねようとしている。

 関係者によれば、7年前にアリババから切り出される形で誕生した金融サービス会社アント・フィナンシャルは、私募で90億ドル(約9630億円)の調達を目指している。この金額は従来目標の50億ドルから引き上げられた。

 中国最大のモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」を擁するアントは、ノンバンクとしても中国有数の規模。関係者の話では、同社…





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です