埼玉高速鉄道、年内に事業再生ADR申請 – 日本経済新聞



 埼玉県やさいたま市が出資する第三セクターの埼玉高速鉄道は、年内に私的整理手法の一つである事業再生ADR(裁判外紛争解決)を申請する方針を固めた。県や市からの借入金を株式に振り替えるデット・エクイティ・スワップ(DES)も検討する。輸送人員が計画ほど伸びず、負債がかさんだため県は7月に自力再建を断念する方針を表明していた。有利子負債を圧縮し、早期の経営再建を図る。

 事業再生ADRは私的整理の一種で…





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です