山崎製パンのフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!




※この業績予想は2017年11月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

山崎製パン

3ヶ月後
予想株価
2,100円

食パンや調理パン、和洋菓子、デザート等が主力。デイリーヤマザキでコンビニ事業も。「ランチパック」シリーズの年間販売額は400億円超。高付加価値商品を拡販。コスト増も高価格食パンで利益率改善。特別利益計上。

高価格帯の付加価値品の積極投入で採算が向上。「ロイヤルブレッド」など主力商品の拡販に注力。値頃感ある製品も投入し消費の二極化へ対応。販管費増加を吸収。一部子会社は業績不振。ベーグルを手掛ける米企業を買収。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12期連/F予/1,051,000/30,600/32,700/24,400/111.19/23.00
18.12期連/F予/1,060,000/39,000/39,000/20,000/91.14/20.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/11/30
執筆者:井上裕一





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です