道路貨物輸送の人手不足倒産が前年度比2倍に急増 – MATERIAL FLOW+



[最新ニュース] 経営/政策

道路貨物輸送の人手不足倒産が前年度比2倍に急増

2018/04/09

帝国データバンクは4月9日、2017年度の「人手不足倒産」の動向調査において、ここ5年間で人手不足倒産が2.5倍に増加し、特に「道路貨物輸送」では直近で前年比2倍に急増したと発表した。

今回は、従業員の離職や採用難等により人手を確保できず、収益が悪化したことなどを要因とする倒産(法的整理、負債1,000万円以上、個人事業主含む)を「人手不足倒産」と定義し、2013~17年度まで5年間の倒産について集計・分析している。

●調査結果

(1)2017年度の「人手不足倒産」は114件と4年連続で前年度を上回り、年度合計で初めて100件を突破。増加幅も2年連続で拡大し、2013年度比2.5倍に増加した。なお、2013年度から2017年度までの5年間で発生した「人手不足倒産」は累計371件。

(2)負債規模別件数で見ると、2017年度は「1億円未満」が57件で前年度比32.6%増、「1~5億円未満」も50件発生し、同78.6%の大幅増加となった。

(3)業種別件数を見ると、2017年度は「建設業」が前年度比 34.8%の増加で、最多の31件を占めたほか、「製造業」「小売業」「運輸・通信業」等でも増加が目立ち、幅広い業種で倒産が増加傾向となった。また、5年間累計の業種細分類別では、「道路貨物運送」が26件と最多。直近の2017年度は10件で前年度比2倍増となった。

|↑一覧に戻る|





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です