シェアハウス運営会社破綻 社長「不正調査に協力」 被害者は民事再生反発 – 日本経済新聞



 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営し経営破綻したスマートデイズ(東京・中央)の赤間健太社長が14日、都内で記者会見を開き「多大な迷惑をかけた」と陳謝した。スルガ銀行による建設資金の融資を巡り書類改ざんなどが疑われている点に関し「不正が指摘されており、調査に協力する」と述べた。

 同社は9日に東京地裁に民事再生法の適用を申請した。14日、物件所有者向けに開いた経緯説明会には数百人が参加。出…





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です