シベール、山形の土産品需要を開拓 ラスク通販不振で – 日本経済新聞



 洋菓子製造販売のシベールは山形県を中心とした土産品需要を開拓する。西洋ナシなど地元の果物を使った洋菓子を開発。駅や高速道路のサービスエリアなどに売り場を設け、ご当地に関連した商品の売上比率を3割程度に高める。高級ラスクの通信販売で急成長したが、ブームが去り物流費の上昇もあって業績が悪化していた。地元特化で業績回復を図る。

 原材料にサクランボなど山形の果物を使うほか、県産米「つや姫」の米粉を生地に…





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です