人手不足倒産、過去最高の114件に ドライバー不足で新規の仕事を受けられずに倒産したケースも – キャリコネ



従業員の離職や採用難で人手が確保できず、収益が悪化して倒産する企業が増加している。帝国データバンクは4月9日、2017年度の「人手不足倒産」が114件に上ったと発表した。

「人手不足倒産」の件数は、集計を始めた2013年以降4年連続で前年度を上回っている。2013~2017年度までの5年間では、累計371件に上った。

老人福祉事業でも、介護スタッフ不足などで倒産が発生





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です