サブリース賃料の未払いが社会問題化、「かぼちゃの馬車」のスマートデイズが民事再生法(東京商工リサーチ)



 (株)スマートデイズ(TSR企業コード:294730672、法人番号:4010001148478、中央区銀座1-7-10、設立平成24年8月2日、資本金11億20万円、代表取締役:赤間健太氏)は4月9日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。申請代理人は南賢一弁護士(西村あさひ法律事務所、千代田区大手町1-1-2、電話03-6250-6200)ほか。監督委員には清水裕介弁護士(ひいらぎ総合法律事務所、中央区銀座8-9-11、電話03-3573-1578)が選任された。
 負債総額は債権者911名(うちシェアハウス等のオーナーは675名)に対して60億3523万円。
 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」や男性向けシェアハウス「ステップクラウド」を一般オーナー向けに販売し、管理運営を受託する「サブリース」の業態で事業を展開。オーナーに対する金融機関の積極的な融資姿勢もあり、平成25年7月期に4億4500万円だった売上高が29年3月期には316億9600万円にまで伸長していた。しかし、シェアハウス供給を急拡大した結果、需給バランスが崩れるなどしてたため入居率が低下。資金繰りに支障をきたし、29年10月にオーナーに対してサブリース賃料の減額を通知した。30年1月中旬には、都内でオーナー向け説明会を開き、1月以降の賃料支払いの目途が立たないことを公表していた。
 これに前後して、1月12日に大地則幸氏が代表取締役を辞任し、オーシャナイズの社長を務める菅澤聡氏が代表取締役へ就任。代表交代後、東京商工リサーチの取材に対し、「オーナー様方へ一定水準のサブリース金額を継続してお支払いさせていただけるように、事業提携を含めた再建計画を近日中にお出しする予定」と回答していた。しかし、その後も資金繰りは改善せず、今回の事態となった。
 なお、菅澤聡氏は4月3日付で「一身上の理由」(関係筋)で代表取締役を退き、赤間健太氏が代表取締役に就任している。

東京商工リサーチ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です