エドウイン破綻で「ジーンズ業界」消滅 – 日経ビジネス オンライン



5大ブランド中4つが経営破綻

2013年12月4日(水)

 国内最大手のジーンズメーカー、エドウインが11月26日に事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)を申請した。エドウインは、昨年8月に投資に伴う200億円超に上る巨額の損失が発覚していた。

 事業再生ADRは私的整理に位置付けられる措置で、倒産ではない。現時点でもエドウインの営業活動は継続している。しかしながら、これで国内の大手ジーンズナショナルブランド(NB)、特に5大ブランドと言われた各社は、リーバイ・ストラウス・ジャパンを除いてすべて経営破綻したことになる。「ジーンズ業界」という枠組みは本当に過去の遺物になってしまった。

リーバイス以外はすべて破綻

 1990年代半ば頃までは、大手ナショナルブランドはジーンズ5大ブランドと呼ばれていた。エドウイン、リーバイス、ビッグジョン、ボブソン、ラングラーである。このうち、ラングラーを展開していたラングラージャパンは99年にVFジャパンとなったが、その翌年には解散。ラングラーブランドはエドウイン傘下のリー・ジャパンが取得した。昨年末に再出発したとはいえ、ボブソンは2012年6月に一度倒産している。

 今年4月に官民ファンドで経営再建を目指すことを発表したのがビッグジョン。そして7カ月後の11月にエドウインである。

 エドウインの場合、先のボブソンやビッグジョンとは少々事情が異なる。ボブソン、ビッグジョンとも直近はかなり売り上げを落としていた。ピーク時には200億円弱あったとされる売上高が直近は20億円内外にまで低下しており、企業規模を著しく縮小させていた。もちろん販路も激減しており、2~3年前でもライトオンやマックハウスといった全国チェーン店で、両社の商品を見る機会は少なくなっていた。両社ともレディースには定評があったから全国チェーン店でも百貨店でも売り場ではそれなりに見かけたが、メンズはほぼ壊滅だった。

 それに比べるとエドウインはメンズ、レディースともに全国チェーン店、百貨店、専門店で露出が高い。実際に売り場で尋ねても売れ筋上位にはメンズの「エドウイン」、レディースの「サムシング」が何型か常にランクインしている。また昨今好調なのはエドウインが所有する「リー」ブランドだ。リーはこの10年間で大きく売り上げを伸ばした。とくにレディースとキッズでの売れ行きが好調だ。

 ジーンズ業界以外ではあまり認知されていないが、エドウインは昔から多ブランド戦略を採ってきた。筆者が販売職に就いていた90年代半ば頃はメンズの「エドウイン」、レディースの「サムシング」、イタリアブランド「フィオルッチ」、ミリタリーブランド「αインダストリー」、フランスブランド「リベルト」、そして「リー」を抱えていた。今秋、エドウインがほぼ10年ぶりとなる全ブランド参加の大展示会を開催したが、そこでクローズアップされたのは「エドウイン」「リー」「サムシング」「αインダストリー」で添え物程度に「ラングラー」があった。商品は展開していないが、「フィオルッチ」は今も所有しているようだ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です