埼玉高速鉄道が通学定期を来春2割値下げ 子育て世代の誘導狙う – SankeiBiz



 埼玉高速鉄道は平成30年春以降の通学定期運賃(中学生以上)を2割程度値下げする。通学定期運賃の値下げで子育て世代を沿線に誘導し、沿線開発を促進する狙いがある。現在、1カ月の通学定期割引率は48・6~50・5%だが、一律60%に改定する。

 同社は赤羽岩淵駅(東京都北区)から浦和美園駅(さいたま市緑区)間の14・6キロ、8駅を運営し、東京メトロ南北線と接続している。

 今回の改定により、1~3キロ区間の通学定期1カ月分を購入した場合、最大22・2%の値下げになる。6カ月定期乗車券を購入した場合、最大1万5710円値下げされるという。

 一方、同社が発表した28年度決算は2期連続で増収増益を確保した。営業利益は前年度比37・7%増の30億円、売上高に当たる営業収益は同比3・9%増の98億円だった。沿線開発に伴う人口増加などが寄与した。1日当たりの輸送人員は前年度より4356人増え、10万5034人だった。

 また、駅構内へのコンビニエンスストアや保育園の誘致による賃貸料の増加、副駅名の募集などで広告収入も大きく伸ばした。

 同社は13年の開業以来、輸送人員が計画を下回り、赤字が続いた。26年度には事業再生ADRの手続きを行ったが、有利子負債の圧縮や累積損失の解消により27年度に初めて黒字に転じた。今後も沿線開発に力を入れ、経営の安定化を図るという。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です