警官が事故、都道で100キロ超か=交通課所属、歩行者死なす-警視庁 – 時事通信



 警視庁交通捜査課は15日、東京都足立区の都道で、竹の塚署交通課所属の男性巡査長(29)が車で歩行者の男性をはねて死亡させる事故があり、時速100キロを大きく上回る速度で運転していた可能性があると発表した。制限速度は50キロで、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)容疑も視野に捜査する。

〔写真特集〕世界のパトカー~ランボルギーニもロールスも~

 交通捜査課などによると、事故は10日午前7時5分ごろ、足立区東和の環状7号線の交差点で発生。巡査長の乗用車と横断歩道を渡っていた中国籍の日本語学校生、※(※龍の下に共)凡仁さん(22)=同区大谷田=が衝突した。歩行者側が赤信号だった。
 巡査長は休みで「90キロくらいで走行していた」と説明したが、ドライブレコーダーを解析したところ、100キロを大きく上回っていた可能性が浮上した。
 事故は巡査長が自分で通報。警視庁は在宅のまま同法違反(過失運転致死)容疑で調べていた。(2017/12/15-13:00) 関連ニュース

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です