サンヨーHが逆行高で3日続伸、第2四半期業績予想を修正し最終黒字転換へ – minkabu PRESS



サンヨーHが逆行高で3日続伸、第2四半期業績予想を修正し最終黒字転換へ  サンヨーホームズ<1420.T>は全体軟調相場に逆行して3日続伸。同社はプレハブ住宅やマンション開発などを手掛けるが、30日取引終了後、18年3月期の第2四半期連結業績予想の修正を発表、売上高を282億円から214億円(前年同期比22.7%減)へ減額した一方で営業利益を1000万円から3億6000万円(同56.0%減)へ、最終損益を1億2000万円の赤字から2億1000万円の黒字(前年同期5億9900万円の黒字)へ修正しており、損益改善を評価される形となった。売り上げは計画を下回ったものの、マンション事業において値引きの抑制などによる原価率の改善や販管費の削減などが損益面で寄与した。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です