東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続伸、ファルコムがS高 – minkabu PRESS



東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続伸、ファルコムがS高  30日大引けの東証マザーズ指数は前週末比15.43ポイント高の1129.14ポイントと3日続伸。

 個別では日本ファルコム<3723.T>がストップ高。ユニフォームネクスト<3566.T>、Aiming<3911.T>は一時ストップ高と値を飛ばした。アマナ<2402.T>、ユナイテッド<2497.T>、タイセイ<3359.T>、串カツ田中<3547.T>、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652.T>など14銘柄は年初来高値を更新。イントラスト<7191.T>、ネオジャパン<3921.T>、ディー・ディー・エス<3782.T>、ユナイテッド&コレクティブ<3557.T>、テラスカイ<3915.T>は値上がり率上位に買われた。

 一方、テンポイノベーション<3484.T>が年初来安値を更新。メドレックス<4586.T>、SKIYAKI<3995.T>、リボミック<4591.T>、キャンバス<4575.T>、キャリアインデックス<6538.T>は値下がり率上位に売られた。

出所:株探ニュース(株式会社みんかぶ)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です