東京株式・2部(大引け)=2部指数は4日ぶり反落、リミックス、ダイヤ電機などが売られる – minkabu PRESS



東京株式・2部(大引け)=2部指数は4日ぶり反落、リミックス、ダイヤ電機などが売られる  31日大引けの東証2部指数は前日比0.53ポイント安の6952.85ポイントと4日ぶり反落。

 個別ではリミックスポイント<3825.T>、ダイヤモンド電機<6895.T>、グローバルダイニング<7625.T>、アルプス物流<9055.T>、ファインシンター<5994.T>は値下がり率上位に売られた。

 一方、セメダイン<4999.T>がストップ高。田辺工業<1828.T>、TTK<1935.T>、弘電社<1948.T>、ソルコム<1987.T>、日和産業<2055.T>など33銘柄は年初来高値を更新。日本パワーファスニング<5950.T>、三社電機製作所<6882.T>、図研エルミック<4770.T>、宮入バルブ製作所<6495.T>、セブンシーズホールディングス<3750.T>は値上がり率上位に買われた。

出所:株探ニュース(株式会社みんかぶ)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です