信越化が最高値街道走る、シリコンウエハー・塩ビともに上振れ期待 – minkabu PRESS



信越化が最高値街道走る、シリコンウエハー・塩ビともに上振れ期待  信越化学工業<4063.T>が連日の上場来高値更新。前日の米株安や為替の円安一服など足もとの外部環境は向かい風ながら、機関投資家とみられる根強い買いが継続している。半導体需要が世界的に盛り上がりをみせており、世界トップシェアを誇るシリコンウエハーが業績を牽引、一方の収益の柱である塩ビも好調に推移している。懸案のシリコンウエハーの価格引き上げは300ミリウエハーに続き、200ミリでも進展している状況にあり利益押し上げに期待がかかる。また、塩ビについては「ハリケーンに伴い市況が上昇傾向で、これを取り込む公算が大きい」(市場関係者)と指摘される。前週27日に発表された17年4~9月期決算では営業利益が前年同期比28%増の1563億円と高い伸びをみせ、対通期進捗率は58%に達していることから、上振れ期待も漂う。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です