国体王者、薬物陽性で異議 違反確定なら大会初 – 北海道新聞



 昨年10月の岩手国体の自転車成年男子ケイリンで、優勝した福井県の選手が、競技後のドーピング検査で禁止物質に陽性反応を示していたことが17日、複数の関係者の話で分かった。本人はこれに伴う4年間の資格停止処分を不服とし、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に取り消しを求める申し立てを行い、18日にJSAAが裁定結果を発表する。違反が確定した場合は、国体では初めてのケースとなる。

 日本体育協会は2003年の静岡国体からドーピング検査を導入した。16年冬季大会まで陽性の検体が出たことはない。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です