訪日客向け白タク容疑 中国人の男4人逮捕 大阪府警 – 日本経済新聞



 訪日した中国人観光客向けに無許可のタクシー営業(白タク行為)をしたとして、大阪府警国際捜査課は1日までに、無職、唐家栄容疑者(28)=大阪市東成区中本2=ら中国籍の男4人を道路運送法違反などの疑いで逮捕した。

 同課によると、唐容疑者は「日本に来た友達を送っただけで金はもらっていない」と容疑を否認しているという。

 唐容疑者の逮捕容疑は6~9月、国土交通相の許可を得ずに計7回、関西国際空港や大阪市内から有料で客を乗車させた疑い。

 同課によると、唐容疑者らは、観光で訪日予定の中国人から事前に携帯電話のアプリで配車予約を受け、送迎を繰り返していたとみられる。

 インバウンド(訪日外国人)が増加する中、白タク行為は問題視されており、国土交通省近畿運輸局は昨年10月に実態調査を開始していた。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です