非正規地方公務員の公務災害補償改善研究会のご案内 – レイバーネット日本



白石孝@NPO法人官製ワーキングプア研究会理事長 です。

 世間ではよく「官民格差」みたいな言われ方をしますが、 非正規労働者の分野では、非正規公務員は差別、格差のど真 ん中で「放置」されています。   私たちはこの間、労災補償問題に関する提起をしてきました が、いよいよ格差是正の運動を始めることにし、その第一歩 として下記の研究会を開催します。  公共サービス関係の方以外の皆さんも大歓迎ですので、ぜひ お越しください 非正規地方公務員の公務災害補償改善研究会のご案内  北九州市で子ども・家庭相談担当非常勤職員がパワハラと過重業 務によってうつ病に罹患、退職後に自殺されました。その後、遺族 が市に対して公務災害補償を請求したところ請求権がないと門前払 いにあい、提訴した事件が起こりました。また、神奈川県では森林 職臨時任用職員が被災した事件で提訴(17年5月敗訴)、石川県津幡 町で介護認定非常勤職員が訴訟中など、各地で地方自治体の臨時・ 非常勤職員から、公務災害補償に関する差別的取り扱いに関する声 が上がっています。  そこで、公務災害補償制度の改善に向けた研究会を開催し、自治 体への改善の働きかけ、さらには法制度改善をめざす一歩とするこ とにしました。  臨時・非常勤職員の皆さんをはじめ、労組関係者、研究者、弁護 士など多くの方のご参加を呼びかけます。 <開催要項> 1 日時  11月6日(月)18:30〜20:30 (18時開場) 2 会場 「東京ウイメンズプラザ」2階第1会議室・B            *東京メトロ「表参道駅」B2出口至近/              JR・メトロ渋谷駅から徒歩 3 参加・資料代 700円 4 趣旨  ?社会的にアピールすることで、格差是正に繋げる      ?法改正への提案を準備する      ?法改正を待つまでもなく、改善を要する自治体への働き            かけを進める 5 内容   ?基調提案 「季刊労働法」2017秋季論文をベースに      ?コメント  「地方公務員安全と健康フォーラム」論文を            ベースに       コメント  神奈川県訴訟で原告が提出された「労災法適            用についての意見」に関連してのコメント      ?訴訟を担当してのコメント 弁護士                     *この日は第1回研究会なので、法改正案の結論までは欲張らず、参加  者間で情報と認識の共有をめざします。ただし、年内の取り組みとし  て、いくつかの自治体をケーススタディ的にピックアップし、アンケ  ートを行うなり、すでに把握できている政令市について、パイロット  的に改善要望書を出す。当該自治体の自治体議員や労組に呼びかける  ことも検討します。   改正法案については、通常国会でのアクションをめざし、1〜2月に  集中して検討、成案化をめざし、次いで、院内集会と議員要請を検討  します。  <主催・問い合わせ>    NPO法人官製ワーキングプア研究会(白石孝)       090−2302−4908/kanseiwakingupua1950@yahoo.co.jp


Created by staff01.
Last modified on 2017-10-30 11:06:05
Copyright: Default





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です