ゆとり教育の申し子 「ネコ型新人」こそ時代を切り拓く – BLOGOS




【マイペースなゆとり世代の新入社員も捨てたもんじゃない】

 近ごろの新入社員の特徴を聞かれ、「マイペースで会社への忠誠心や同僚との協調性に欠ける」と愚痴をこぼす上司は多いだろう。だが、自由奔放で自発的に行動できる新人を“ネコ型”と呼び、これからの時代に必要な人材だと指摘する向きもある。『「ネコ型」人間の時代──直感こそAIに勝る』(平凡社新書)を上梓した同志社大学政策学部教授の太田肇氏だ。

 * * *

 気が向いた仕事にはのめり込むが、興味がなければやろうとしない。調子に乗ると先輩やお客さんにもタメ口で話し、周りをハラハラさせる。上司や同僚が忙しそうに働いていてもお構いなく定時に帰る。入社早々、友人と旅行に行くからと有給休暇を申請してくる。けれども頭の回転は速く、けっこう仕事ができる。派閥争いには加わらず、いつもマイペースだが意外と人に好かれる──。

 組織への忠誠心や協調性には少々欠けるものの、感性や直感が鋭く、行動力・瞬発力がある。そういうタイプの人を、私は「ネコ型」人間と呼んでいる。いわゆる「ゆとり教育」を受けた若者のなかから、かつての「新人類」や「オタク族」、「宇宙人」などとは一味違う「ネコ型」の新人が続々と誕生し、異彩を放っている。

 良きにつけ悪しきにつけ、これまでの枠にはまらない彼らをどう扱ったらよいか、戸惑っている人も多いのではなかろうか。 

◆出番を失った「イヌ型」

 日本の企業社会ではこれまで組織や上司に忠実で、しっかり序列を守る「イヌ型」人間が求められ、重用されてきた。それに対し「ネコ型」人間は歓迎されず、組織のなかでも傍流に追いやられるのが常だった。伝統的な工業社会、安定した経営環境のもとでは、それはやむをえなかった。

 ところが急速なIT化により、状況が一変しつつある。

「イヌ型」は決まった仕事は着実にこなし、命じられたことは忠実に守るが、自分で判断して行動することは苦手だ。そのため、想定外の事態に対処できない。

 いまやオフィスでも、製造や販売の現場でも、決まったとおりの仕事は大半が機械やコンピュータに取って代わられようとしている。人間の出番は「想定外」の事態が起きたときだけ、といっても過言ではない。その結果、「イヌ型」は活躍の場を失ったのだ。

 そればかりか、いま問題になっている官僚の相次ぐ不祥事をはじめ、官庁や大企業で組織的な不祥事を引き起こすのは、たいてい「イヌ型」人間だ。彼らは上役の顔色をうかがい、忖度する習性が身についている。既得権や慣例にこだわり、改革に抵抗するのも「イヌ型」である。

 一方、「ネコ型」人間の持ち味である直感や遊び感覚はITに代替されないばかりか、ITの力によって世界中に伝播する。上下関係ではなく、メンバーや顧客とフラットな関係で仕事ができるのも「ネコ型」の強みだ。

◆「ネコ型」を育てるヒントが「ゆとり教育」の中に?

 注目すべきことに、情報・ソフト系の起業家やプロフェッショナルはもとより、いまビジネスの最先端で活躍している人はたいていが「ネコ型」人間である。

 ビジネスの世界だけではない。スポーツの世界ではフィギュアスケートで五輪連覇をはたし国民栄誉賞を受けた羽生結弦や、二刀流で大リーグに鮮烈デビューした大谷翔平、それに将棋のプロとして連勝記録を打ち立てた藤井聡太など若きスーパースターも、その言動などかから判断すれば間違いなく「ネコ型」だろう。

 日本経済新聞の北川和徳編集委員も、羽生、大谷のほかスピードスケートの高木美帆、競泳の荻野公介、瀬戸大也、バドミントンの奥原希望たちが、いずれも今年度24歳になる「ゆとり世代」のど真ん中で育った若者たちだと指摘する(4月4日付日本経済新聞スポーツ欄のコラム)。

 そこに紹介された元陸上選手、為末大氏の話では、〈目標を定めて自分を律することができるアスリートは、自ら学習してどんどん能力を伸ばしていける〉そうだ。

 手本のない時代に自分で道を切り開けるところにこそ「ネコ型」人間の真骨頂があり、学力低下をもたらすと評判の悪かった「ゆとり教育」によってそれが育まれたのだとしたら、まさに歴史の皮肉だ。

 もちろん彼らは「ゆとり世代」のなかでも突出した存在であり、残念ながら芽が出ない若者もたくさんいる。それでも新しい時代を切り開く若者をたくさん輩出しつつあることは見過ごせない。

 これから本格的にやってくるAI(人工知能)の時代には、「ネコ型」人間がますます活躍の場を広げるに違いない。だとしたら、一度は捨てられた「ゆとり教育」のなかに、彼らを育成するための手がかりを探してみてもよいのではなかろうか。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です