異動で移転の国交省職員、山中にソファなど投棄 – 読売新聞



 国土交通省佐賀国道事務所に勤務する男性職員(35)(佐賀市)が、家具など約100点を佐賀県鹿島市の山中に捨てたとして、廃棄物処理法違反で略式起訴され、佐賀簡裁から罰金30万円の略式命令(2月1日付)を受けていたことがわかった。

 起訴状などによると、職員は昨年4月3日頃、異動で長崎県から引っ越す際、鹿島市の山中にソファなど約30キロを不法に投棄した。近くの住民が佐賀県警に通報して発覚した。

 佐賀県警鹿島署は廃棄物処理法違反容疑で昨年11月16日、職員を佐賀地検武雄支部に書類送検し、佐賀区検が1月29日に略式起訴した。すでに罰金を納付したという。

 佐賀国道事務所は13日、取材に対し、「事実関係を調査している」と回答した。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です