「名ばかり管理職」認定 コナミスポーツ、東京地裁 – 日本経済新聞



 コナミスポーツクラブ(東京)の元支店長の女性が、権限や裁量のない「名ばかり管理職」だったとして未払い残業代などの支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は6日、同社に残業代約300万円と労働基準法違反への「制裁金」に当たる付加金90万円の支払いを命じた。

 労基法は給与などで相応の待遇を受け、労働時間に自由裁量がある「管理監督者」は残業代の支給対象外と規定。同社の支店長がこれに当たるかどうかが争点だった。

 佐々木宗啓裁判長は、女性が人員不足でフロント業務などに従事し、恒常的に時間外労働を余儀なくされていたと認定。「裁量が相当制限され、管理監督者の地位にあったとは認めらない」と指摘した。

 判決によると、女性は1989年に入社。2007年から都内などで支店長やマネジャーを務め、15年に退職した。

 判決後に記者会見した女性は「会社の労働環境は変わっていない。判決が私のように苦しんでいる人のためになればいい」と話した。コナミスポーツクラブは「判決を入手していないのでコメントできない」とした。〔共同〕





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です