愛知県警が覚せい剤取締法違反事件で誤認逮捕 – 名古屋テレビ



10日、愛知県警は覚せい剤取締法違反事件で容疑者ではない別の男性を誤認逮捕していたと発表しました。

愛知県警の薬物銃器対策課によりますと誤認逮捕されたのは、名古屋市熱田区の自営業の男性(59)です。10日午後、容疑者が出入りしている名古屋市港区の店舗を捜査員が張り込んでいて、出てきた男性(59)を職務質問し、覚せい剤所持の疑いで逮捕しました。男性(59)は「容疑者じゃない」と否定しましたが、警察は年代や容姿が似ていたことなどから逮捕しました。しかし、およそ3時間後に男性の免許証から別人と分かり釈放したということです。愛知県警は「事実確認が不十分で男性に対して大変申し訳なく思う。再発防止に努める」などとコメントしています。

更新時間:2018年4月11日 07:56





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です