私の社会保障論 「働かせ過多」 「見える化」で自浄期待=東レ経営研究所・渥美由喜 – 毎日新聞



渥美由喜(なおき)

 筆者は一昨年より、内閣府から委嘱を受けて、地域働き方改革支援チーム委員として、主に地方の中小企業の働き方改革を推進するコンサルタントを養成している。

 例えば、先進自治体として名高い岐阜県では7年前から、地元の社会保険労務士による企業コンサルティングを包括的に支援してきた。これまでワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)推進エクセレント企業を約100社育成し、のべ6社が内閣府の総理大臣表彰などを受賞している。受賞企業数は全国でも30社強で、岐阜県は全国トップの実績を誇る。

 各社の取り組み内容はYouTubeなどで動画配信され、動画を見た若年者からの入社希望が増えるなど反…



この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1103文字)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です