「バイトは塾と風俗」、21歳女子大生の絶望感 – 東洋経済オンライン



「奨学金」は父親の生活費に消えている

小倉くるみさんは保育士を目指して都内の女子大学に通っている(編集部撮影)

この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。

今回紹介するのは、「親の借金を返さなければならず、風俗で働いています」と編集部にメールをくれた、21歳の女子大生だ。

アルバイトは、塾講師とデリヘルの掛け持ち

東京副都心のある繁華街。半径200メートル程度に飲食店、パチンコ店、風俗店、ラブホテルが密集する。日本語だけではなく、四方からアジア各国の言葉が飛び交い、中国語や韓国語だけの看板も点在する。有名女子私大2年生の小倉くるみさん(仮名、21歳)と、この繁華街では有名なスポットで待ち合わせた。

「風俗を始めたのは、半年前。まだ十代なのに男の人を相手にする、こんな仕事して大丈夫?って思ったけど、もう、そんなことを言っていられないし」

小倉さんは年齢よりしっかりした印象で、理知的な雰囲気が漂う。かわいいというより、美人だ。大学の授業を中心に、空いた時間に塾講師とデリヘルの掛け持ちでアルバイトする。塾に週4日、そして週2日この繁華街に通う。表情は憂鬱そうで、疲れた様子だった。

「風俗は肉体労働ですから、まあ疲れますよ。1日2人、多いときは3人くらい。2人に1人は、本番させてほしいって言います。体調とか人によるけど、断るのも面倒くさいし、おカネをもらってします。まあ、売春ですね。知らない男の人と、本当になにをやっているんだろうっていつも思っていますよ」

風俗嬢と男性客が個人的に交渉し、サービス追加をしたり、店を通さずに会ったりすることは“裏引き”と呼ばれる。女性と客が本番をすれば、店は売春防止法違反となってしまう。地元警察署に届け出をして営業する風俗店は、基本的に違法行為は厳禁である。しかし、女性の収入が増えることもあり、裏引きによる本番行為に関しては見て見ぬふりをするケースが多い。彼女は「客に会うかもしれないし、ここ(繁華街)にいたくない」と言う。電車で十数分の自宅近くの街に行くことにした。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です