新資格「教育著作権検定」創設のおしらせ – エキサイトニュース



7分野25種類の資格検定試験を主催するサーティファイは、 教員を目指して学ぶ学生の方々および現職の教員の方々を対象とした「教育著作権検定」を2018年2月1日(木)より新たに開始します。

株式会社サーティファイ(所在地:東京都中央区、代表取締役:国山 広一、以下 サーティファイ)は、大学や短期大学等の教員養成課程で学ぶ学生の方々、および、小・中学校、高等学校、大学・短期大学、専門学校等で授業を行う教職員の方々を対象に、クラスでの授業、学校行事、課外活動等の学校生活および日常生活を営む際に求められる著作権に関する基礎知識と応用力を測定・評価する「教育著作権検定」を、2018年2月1日(木)より開始します。

■創設の背景
ICT教育の普及・拡大に伴い、教育機関内で使用される教材もデジタル化が進み、これらのコンテンツの正しい利用方法に関する理解が求められる中、現状では教員自身が正しい著作権知識を学ぶ機会に恵まれず、又誤った知識が一人歩きしており、著作権法違反に抵触する事案も散見されます。
このような背景のもと、サーティファイでは、将来教員を目指す学生の方々および現在教育機関で指導を行っている教員の方々に向け、著作権に関する不安の解消と教育活動における著作物の適性な利活用の促進を図るために「教育著作権検定」を創設いたしました。

■実施目的
教員養成課程の学生や教育機関で授業を行う教職員の方々を対象に、学校生活および日常生活において必要とされる著作権に関する基礎的な内容の理解と、教育活動において著作物を適正に利活用するための応用力を測定・評価します。

■「教育著作権検定」概要
〇試験提供:2018年2月1日(木)
〇受験資格:なし
〇試験時間:60分
〇問題数 :30問
〇内容  :学校生活および日常生活において必要とされる、
      (1)著作権に関する基礎的知識
      (2)著作権法および関連する法令に関する基礎的知識
      (3)インターネットに関する著作権および情報モラルについての基礎的知識
      (4)教育活動における著作物の適正な利活用に関する応用力
       について多肢選択式問題として出題。
       なお、応用力については、事例に基づく課題の発見と解決能力を問う内容となる。
〇出題形式:多肢選択式問題式(4択)
〇採点基準:レベル認定
〇受験料 :5,000円(税込)

■資料請求
資料請求フォーム(https://sikaku.gr.jp/ec

【会社概要】
会社名  : 株式会社サーティファイ (Certify Inc.)
代表   : 代表取締役 国山 広一
所在地  : 東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル
沿革   : 昭和58年より34年間に渡り7分野25種類の資格検定試験を主催し、
       国内・海外の合計1,536の試験会場にて年間14.4万人、累計286万人の受験者を有する。
事業内容 : ビジネス能力、技能に関する認定試験の開発、主催。
       実施主催試験に対応した問題集の開発、販売。
URL    : http://www.sikaku.gr.jp/

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です