官製談合、市職員ら有罪 こども園工事巡り大津地裁 – 日本経済新聞



 滋賀県米原市が発注した認定こども園の調理場拡張工事で工務店に最低制限基準額を漏らしたとして、官製談合防止法違反などの罪に問われた同市保育幼稚園課主査の森篤志被告(39)に、大津地裁は13日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 落札業者で公契約関係競売入札妨害の罪に問われた同市の「中長工務店」を経営していた中嶋孝晴被告(70)と、従業員だった長男の長生被告(40)はいずれも懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)とした。

 今井輝幸裁判長は判決理由で、森被告について「公共工事で最低制限基準額を教え、秘密を漏らしたことは悪質で社会的影響も大きい」と指摘する一方、3人が反省の態度を示していることなどを理由にいずれも執行猶予を付けた。

 判決によると、森被告は2016年11月7日ごろ、「いぶき認定こども園」の調理場拡張工事を巡り、入札の最低制限基準額を以前から知り合いだった長生被告に携帯電話で伝え、同月10日に中長工務店に最低制限価格に近い金額で落札させ、入札の公正を害した。〔共同〕





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です