危険運転致死傷罪で起訴 東名夫婦死亡、誘発の男 – 日本経済新聞



 神奈川県大井町の東名高速道路で6月、ワゴン車の静岡市の夫婦が死亡した追突事故で、横浜地検は31日、進路をふさぎ事故を誘発したとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで逮捕、送検された福岡県中間市の石橋和歩容疑者(25)を、より罰則が重い同法の危険運転致死傷罪で起訴した。

 起訴状によると、石橋被告は6月5日夜、事故現場直前のパーキングエリアで萩山嘉久さん(45)から駐車位置を巡って注意され逆上。ワゴン車を追い掛け、進路をふさぐなど妨害行為を繰り返して約1.4キロ先の追い越し車線上で停止させ、車内から萩山さんを引きずり降ろそうとした際、大型トラックによる追突で萩山さんと妻の友香さん(39)を死亡させたとしている。

 神奈川県警は当初、最高刑が懲役20年の危険運転致死傷罪の適用を検討したが、事故時に運転していなかったことから断念し、最高懲役7年の過失致死傷容疑で逮捕した。捜査関係者によると、石橋被告は捜査段階で「注意され、きれて追い掛けた」と供述し、逮捕容疑を認めていた。

〔共同〕





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です