<ガチャ詐欺?>ガンホーとグリーの駄菓子屋インチキ商法 – BLOGOS



保科省吾[コラムニスト]

日本経済新聞が2017年7月19日、「消費者庁、ガンホーとグリーに措置命令 景品表示法違反で」と見出しを取って次のようなニュースを報じている。

「消費者庁は19日、人気オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)内のキャラクター購入などを巡り景品表示法違反(優良誤認など)に当たる表示があったとして、ゲーム大手のガンホー・オンライン・エンターテイメントに再発防止などの措置命令を出した。また、グリーに対しても携帯電話向けゲームの懸賞企画で同法違反(有利誤認)があったとして措置命令を出した。

同庁によると、ガンホーは2016年11月~今年2月、インターネット配信の番組でパズドラに登場するキャラクター13体の内容を告知。「ガチャ」と呼ばれる有料の電子くじで入手した13体は全て「究極進化」する特別なキャラクターだと発表したが、実際は2体に限定していた。

グリーは16年12月~今年1月、携帯電話向けゲームの利用者を対象にした懸賞企画としてウェブサイトで18種の賞品を紹介したが、実際に提供した景品類は記載された当選本数より少なかった。

ガンホーは「チェック体制を見直し、細心の注意を払って運営する」、グリーは「再発防止に取り組む」とコメントした」

昭和40年代のこと、祖母が駄菓子屋をやっていて、時々店番をした、店には問屋から商品が届く。その中に当たり付き甘納豆というのが合った。B4版の2倍ほどのサイズの段ボールの台紙に小分けにした甘納豆が、ホチキス留めで30個程度ぶら下がっている。甘納豆の袋は3センチ×5センチくらいで1袋5円だった。これには1等から5等の当たりがあって、1等の甘納豆を引けば200円程度のプラモデルがもらえるのである。

問屋からこの商品が届いたとき、僕は台紙のダンボー津の裏を見て驚いた。そこには1等から5等までの当たりくじが入った甘納豆の小袋が,表面とはは別に,裏側に貼り付いているのである。先に当たりが出てしまっては甘納豆が売れなくなるので、店主の裁量でこれを用いると言うことだ。

僕は、店の孫の権利を利用して、その裏側の甘納豆を全部食べて、ハズレくじばかりの甘納豆ボードを店に出した。くじは当然当たらないからあとで賞品は貰おうという魂胆である。

子どもの悪巧みは直ぐに祖母にバレて、ふだんは温厚なばあちゃんが烈火のごとく怒った。「ばあちゃんはこの辺の子どもに信用されてんだよ」

子どもを相手にしているガンホーやグリーがやったのは、筆者の悪巧みと同じこととなのである。両社に心して欲しいのは、子どもが大きくなって大人になることである。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です