AV派遣容疑で書類送検 東京・渋谷と新宿の2社 – 産経ニュース



 警視庁保安課は19日、アダルトビデオ(AV)の撮影現場に女性を派遣したとして、労働者派遣法違反容疑でAVプロダクション「ファイブプロモーション」(東京都渋谷区)を書類送検した。

 送検容疑は平成27年8月、性行為を含むAVに出演させるため、20代の女性を渋谷区の撮影現場に派遣した疑い。

 保安課は同日までに、この女性のAVを販売し、同社に出演料を支払っていたインターネット関連会社を関係先として家宅捜索した。押収資料を分析し、現金の流れなどを裏付ける。

 また保安課は19日、同様に女性を派遣したとして同容疑で、AVプロダクション「スタイルワン」(新宿区)と代表取締役の40代男性も書類送検した。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です