奇習! 賭けに負ければ妻を質入れ、体を売らせて借金返済…! “ローカル賭場”にハマる労働者たちの実態を元関係者が暴露=北関東 – TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)



LocalCasino_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東

 昨年10月、覚せい剤取締法違反で逮捕されたモノマネタレント・清水アキラの三男・清水良太郎。彼は昨年2月、俳優の遠藤要とともに、闇カジノへと出入りしていた疑惑も写真週刊誌などで報じられていたが、実はこうした地下賭博場の存在そのものはかなり古く、それこそ昭和期には全国各地の至るところで、当たり前のように“ローカル賭場”が運営されていた時代もあった。しかし、こうした賭場というのは、その性質上、現在の公営ギャンブルでは考えられないような代物までもが、賭けや賭け金を借りる際の質草の対象とされていたのである。

「一番わかりやすい例でいえば、てめえの女房だろ(苦笑)。なにせこのあたりじゃ、日銭しか持っていねぇような連中ばっかりだったわけだからね、金がないのに張りたけりゃ、それこそ女房子供だって質に入れてたもんだよ」

 かつて北関東のとある地域に存在していたという“ローカル賭場”の実態について、そう証言するのは、少年時代にその賭場へと出入りし、小間使いをやることで小遣い稼ぎをしていたという渡辺吉男さん(仮名・82)。渡辺さんの話によると、もともと鉱山で働く労働者たちが多かったという当地において、娯楽といえば、酒と女と博打のみ。過酷な労働によって得た日当を、そのまま博打につぎ込む労働者たちが後を絶たなかったという。

「もちろんね、博打に勝てば酒もしこたま飲めるしね、商売女も買うことはできるから、男たちにとっちゃ極楽なんだろうけれども、ホント、博打っていうのはよくできたものでね、いつもギリギリのところで大きく負けることが大半なんだよ。そうなるとさ、女房がいる人間は、てめえの女房を賭場で質に入れて金を借りたりね。……そりゃそうよ、それで負ければてめえの女房が、しばらく他の男相手に体を売るはめになる」





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です