新潟市民病院院長らを労基法違反で刑事告発へ – m3.com



過労自殺の後期研修医遺族側、長時間労働を問題視

2017年10月24日 水谷悠(m3.com編集部)


新潟市民病院で後期研修医だった木元文氏(当時37歳)が過労のため自殺し、今年6月に新潟労働基準監督署が同病院に是正勧告をした問題に関連し、木元氏の夫が同病院の片柳憲雄院長と新潟市、篠田昭市長を労働基準法第32条(労働時間)違反で同労基署に刑事告発することが分かった。10月26日に労基署に申し入れる予定。今年1月~6月に、延べ90人の医師に違法な長時間の時間外労働をさせていたとしており、遺族側代理人の齋藤裕弁護士はm3.comの取材に、「労働時間を未まだに自己申告ベースで把握しており、客観的な把握…

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です