大宮風俗店火災に全国の歓楽街で働く人々が震撼した事情 – ニフティニュース



 さいたま市大宮区で17日に発生した風俗店での火災は、死者5人がでる惨事だったというだけでなく、昭和40年代に建てられた建物であり、防火設備が現行法の規定を満たしていなかった疑いのあることが波紋を広げている。同程度の築年数で防火設備に難のある建物は全国の歓楽街にある。風俗関係者への取材を多くしてきたライターの宮添優氏が、同業者の声を聞いた。

 * * *
「ついに恐れていたことが起きた、という感じ。うちの店舗も築40年を超えていて、あちこち傷んでいる。少しの地震でもすごく揺れるし、店の女の子たちもニュースを見て怖がっています」

 千葉県内にある特殊浴場、いわゆる「ソープランド」と呼ばれる風俗店で店長を務めるX氏は、先日埼玉県さいたま市で発生したソープランド火災のニュースを見て「明日は我が身」だと痛感した。

 四人もの死者を出した大規模火災は、埼玉県下随一の乗降客量を誇るJR大宮駅からほど近い歓楽街にある、築40年オーバーというソープランドで起きた。店の従業員だった女性三人と客とみられる男性の一人、計四人が死亡し、テレビニュースは連日トップで火災の原因などについて報じた。

 報道を見ていると、建物の老朽化が進んでいたことや火の不始末、また非常階段が取り外されていたのではないかということ、さらに消防法を無視した内装になっていたのではないか、などと議論が交わされ、特に「店側の安全対策に不備はなかったのか」という部分に焦点が当てられていた。前述のX氏は、これらの報道を見て憤りを隠さない。

「店がボロい、法律を守っていない、ということだけ責めるのは違うんではないでしょうか? 法律は建物が出来て以降に制定されたものだし、店を建て替えたくても、それができない”理由”があることを、どこも報じてはいません」

 1998年に風営法が改正され、店舗型の風俗店は実質的に「新規出店」出来なくなってしまった。派遣型の「ファッションヘルス」店が激増したのもこの影響によるものであり、ソープランドに至っては、法改正以前からある店舗しか営業できていないという現状だ。建物を建て替えたり、場所を変えて営業しようと届出を出しても、その許可が下りることはほぼない。「仕方なしに」既存の店舗、営業形態でやっていくしかないという。

「大幅な改修やリフォームにも届出がいる。現在の風営法だと”今のまま”やっていくか”潰す”という二択になってしまいがちなんです」

 働く女性にとっても、問題は深刻だ。神奈川県川崎市のソープランドに勤務するゆうりさん(源氏名・25歳)も、勤務のたびに不安を覚えるという。

「店は築50年超のコンクリート造のビルですが、路地の奥まった場所にあって、火事が起きても消防車が通れないそうです。店の外壁も、見える表以外はボロボロ。休憩部屋は隙間風もすごくて、水漏れもある。スプリンクラーなどの消火設備も満足じゃない。まさかと思っていたことが、大宮で起きた……。安心して仕事ができないのです」(ゆうりさん)

 安心して働きたいのであれば、なぜ転職しないのかと思うかもしれない。だが、風俗関係で働くと勤務時間の問題などから転職のためのスキルを積むことが難しく、また転職の際に過去を問われるケースが多いため、他業種へ転身するのが非常に難しいという現実がある。未来につながるキャリアデザインより、安心して目の前の仕事をするのがせいいっぱいだ。

 また、SNS上では「ソープなんか潰せ」「そもそも違法だ」との声も上がっているが、だからと言ってこのまま、ソープランドを危険な場所として放置することも許されるはずはない。労働者の安全を無視したこれらの規制によって、結果として風俗に関わることの危険性を高めたり、反社会勢力を呼び込みやすい環境を作り出している。よく「時代遅れの風営法」などと揶揄されるのは、法律を古いままにしておくことで、前時代的な労働環境を生み出しているからだ。

 その結果、古いソープランド経営者が、仕事としての将来性を考えた末に、反社会勢力に経営権を秘密裏に売り渡したりする事例も多く、現在のソープランドを取り巻く環境はより複雑化している。関係各局には、店舗型風俗店をなくしたい本音のためにクサいものにふたをして済ませるのではなく、今一度、時代にあわせた法律や規制のあり方を検討してもらえないのだろうかと強く思う。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です